powered by 大人のレストランガイド

年500種の東京産野菜 赤坂のバルでおいしさ発見

「東京野菜キッチンSCOP」では、年間で500種類もの東京産農産物がメニューに使われ、それらを販売するミニマルシェも不定期で開催される
「東京野菜キッチンSCOP」では、年間で500種類もの東京産農産物がメニューに使われ、それらを販売するミニマルシェも不定期で開催される

東京・赤坂に「東京農業の発信基地」として話題になっているビルがある。「東京農村」と名づけられたビルだ。その1階に、東京都内約100軒の農家から届いたとれたて野菜を味わえる「東京野菜キッチンSCOP」はある。

テレビ局や永田町にも近い東京都心の赤坂見附駅から徒歩2分。「東京野菜キッチンSCOP」は東京産の農産物をワインとともに味わえるバルだ。2018年6月に開店、19年4月にリニューアルしたばかり。もともとは野菜を使った洋食を出すビストロだったが、シェフがイタリアン出身の星野允人さんに変わったこともあり、メニューも心機一転、大幅にリニューアルした。

料理に使われる野菜のほとんどが東京産。しかも年間通じて500種類もの東京産農産物がメニューに使われるという。ディナーの日替わりメニューには、「国分寺きゅうり」「国立トマト」「府中しいたけ」などの東京産の野菜がずらり。もちろんランチメニューにも東京野菜がたっぷり使われる。都心で働く人たちにとって新鮮な野菜をたっぷり食べられる店はありがたい。ランチもディナーも近所の広告代理店やIT企業で働く人たちでにぎわう。

店内はオープンキッチンがあり、開放的な雰囲気

シェフの星野さんに東京野菜の魅力について聞いてみた。「東京野菜の良さはなんといっても産地が近いということです。近いということは、店に届くまでの時間が短いということ。新鮮な野菜は、水分を多く含んでみずみずしく、歯触りも歯ごたえも違います。自分自身も食べてみて東京野菜はおいしいと感動したほどです」

折しもこの日店頭では、採れ立て野菜を販売するミニマルシェが開催されていた。通りを行きかう人々が足をとめ、ピーマン、トマトなどの新鮮な夏野菜を買い求めていく。ミニマルシェはおいしい野菜がたくさん採れたときなどに不定期で開催される。この日の目玉は朝どれトウモロコシだ。

早速、トウモロコシを試食させてもらった。生でそのままかじると、みずみずしい甘さが口の中ではじける。トウモロコシは夏野菜の中でも特に鮮度が命とされる作物で、収穫から時間がたつほどに糖度も下がってしまう。この甘さは、新鮮だからこそ。産地が近いということはおいしいということなのだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド