powered by 大人のレストランガイド

美しすぎるおはぎ 自慢したくなる「映える」スイーツ

「タケノとおはぎ」のおはぎは、ほかにはない美しさと味わいが話題 和の趣のある曲げわっぱ入り
「タケノとおはぎ」のおはぎは、ほかにはない美しさと味わいが話題 和の趣のある曲げわっぱ入り

近年、SNSで「映える」スイーツが拡散され話題になっていることが多い。中でもインスタグラムではスイーツ投稿がかなり目立つ。若者の間で、派手に「盛られた」斬新なものが話題になる一方で、インスタグラムの中高年利用も増えてきている今、おはぎやラングドシャなど以前からあるスイーツまでも進化を遂げている。今回は昔からある定番スイーツだが、見た目も味わいも時代とともに進化を遂げているSNS発の進化系スイーツをピックアップしよう。フォトジェニックな見栄えはもちろん、作り手の技術力や斬新な味わいが輝く3店のスイーツを紹介する。

東京の桜新町駅と学芸大学駅の近くに2店舗を構えるおはぎ専門店「タケノとおはぎ」では、2016年から季節に合わせた独創的な手作りおはぎを販売している。その美しさはSNSでも注目を集めている。

まずはそのラインンップに注目。おはぎの一般的な素材である「つぶあん」と「こしあん」(各180円・税込み)に加え、日によって替わる季節折々の創作おはぎが5種。合計7種を店頭で販売している。その5種は自家製の白あんをベースに、ドライフルーツやラム酒などのリキュール、ナッツ(クルミやカシューナッツなど)、スパイス(コショウやクミンなど)、さらには味噌や奈良漬といった従来のおはぎでは使ってこられなかった斬新な素材を使っており、まさにここでしか味わえないおはぎとなっている。

「タケノとおはぎ」の7月のおはぎ「紫陽花」は食材の自然な色だけでこの美しさ

例えば7月のおはぎは、白あんとブルーベリーピューレを練り合わせた青い「紫陽花」や、「仙台味噌の紫蘇(しそ)まき」といった塩気を利かせたものなど。甘いだけでなく、塩味の利いたものや風味豊かなものもそろえ、その意外性も話題だ。ちなみにこれら創作おはぎの価格は、1個当たり税込み250~330円前後。

「その日の気温や天候、仕入れの具合を見ながら、日々感じたままにアイデアを出しています」と話すのは、同店の小川寛貴さん。小川さんはもともと、同店の隣で欧風デリカテッセンを経営していた。洋風の食材選びの感覚はそのままに、「子供の頃食べた祖母のおはぎが大好きなので作りたい」(小川さん)という思いから、同店をオープン。他にはない美しいおはぎはSNSで拡散され、一躍人気店となったのだ。

毎日違う味わいの創作おはぎは、選ぶのも楽しい 手土産としても喜ばれる

中には、小さくかれんな花や、バラのような大輪の花をデザインしたものもあり、そのシルエットにも目を奪われる。「あんをホイップクリームの要領で絞り出して形を作っていますが、粘度が高いため絞り出すにも力とテクニックが必要なのです。1つずつ手作りしているので、簡単ではないです」と小川さん。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド