廃虚となったかつてのリゾート 写真で比べる昔と今

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/7/24
ナショナルジオグラフィック日本版

今は廃墟となったホモワック・ロッジのボウリング場(Photograph by Pablo Iglesias Maurer, postcard published by Bill Bard Associates)

ポコノ山地とキャッツキル山地は、米国東海岸に暮らす人々にとって、華やかな1950年代を象徴する絵に描いたようなリゾート地だった。ところが今やかつてのにぎやかさは消え、ほとんど人が足を踏み入れることがない。ゴミの山が築かれ、草木が手入れされないまま至るところに生い茂り、もはやリゾートというよりは廃虚だ。写真家のパブロ・マウラー氏は、捨てられたリゾート・タウンを3年間かけて撮影した。

きっかけは、廃虚好きのマウラー氏がペンシルベニア州ポコノ山地にあるペンヒルズ・リゾートの事務所跡を訪れたときのこと。そこで見つけた古いマッチ箱に、屋内プールの写真が印刷されていた。さらに敷地内を歩いて行くと、写真のプールに行き当たった。マウラー氏は、マッチ箱の写真がどのアングルで撮影されたのかを突き止めると、同じ位置に立って、数十年の時を経たその風景をカメラに収めた。

1958年にオープンしたグロッシンジャー・リゾートの屋内プール。オープニング・セレモニーには女優のエリザベス・テイラーが参列し、英仏間の海峡を女性として初めて双方向に泳いで横断したフローレンス・チャドウィックが初泳ぎを披露した(PHOTOGRAPH BY PABLO IGLESIAS MAURER)
当時の様子(Postcard published by Bill Bard Associates)

「ほかにも、当時の印刷物を探してみようと思いつきま、オンラインオークションや近くのアンティークショップで古い絵はがきを手に入れました」と、マウラー氏は語る。

それらのアンティーク写真を持って、マウラー氏は撮影された場所を探し出し、ビフォーアフターの比較写真を作成した。

「写真はどれも、哀愁を帯びたような何とも言えない感情を呼び起こしてくれます」。ワシントンDC在住のマウラー氏は、この感情をとらえようと、3年間ポコノとキャッツキルに通いつめ、時の経過を思わせる写真を撮り続けた。

訪れた建物や空間はどれもマウラー氏にとって特別なものになったが、なかでもとりわけ強く印象に残っている場所がある。

キャッツキルにあるホモワック・ロッジのボウリング場だ。「クリスマスの日、家族が出かけていて、私は何もすることがなかったのでここを訪れたんです。中に入って、ボウリングをしました。すごく非現実的な瞬間でした。つい最近までここに人がいたように感じたのです」

キャッツキル山地一帯は、1930年代から80年代にかけてにぎわい、映画の題材にもなった。米ブラウン大学キャッツキル研究所の報告によると、このリゾート地の衰退は、人々が「古いものに飽きた」ことと、もっと遠いリゾート地へ安く旅行できるようになったためだという。

同様に、ポコノのペンヒルズ・リゾートも、20世紀末から緩やかに下降線をたどり、2009年に閉鎖された。

現在は閉鎖されたポコノのカクテルラウンジ(Photograph by Pablo Iglesias Maurer)
当時のラウンジ(Postcard published by Kardmaster Brochures)

この作品を発表して以来、マウラー氏は写真に写るリゾート地で夏を過ごしたことがあるという人々から多くのメールやメッセージを受け取ったという。

「人々は、写真の中の荒廃した風景を、もっと広い意味での荒廃という概念に結び付けています。あの頃輝いていたものが、今は荒れるがままになっている。多くの人はこれを見て、人間がどれだけ物を無駄に捨てているかを改めて感じるのだと思います」

次ページでも、にぎわいを見せた往時と、今を比べた写真を紹介する。

ナショジオメルマガ