ランキング

何でもランキング

ホウレンソウより鉄分多い野菜は? 野菜クイズ10問

NIKKEIプラス1

2019/7/14

6位 ピーマンの苦みや青臭さを和らげるのにふさわしくないのは?
(643人)

(1)種とワタを取り除く (2)油通しをする (3)赤ピーマンを選ぶ (4)横切り(輪切り)にする

「嫌いな野菜」の筆頭、ピーマン。独特の苦みや青臭さは種とワタに集中する。調理前に油通しすると臭みは和らぐ。繊維を断つ輪切りだと苦みを感じやすくなるため、繊維に沿って縦に切ると食べやすい。

実は赤ピーマンは緑のピーマンが完熟したもの。苦みは少なく甘みが強い。さらにビタミンCが緑のものよりも豊富だ。(4)と答えた人が最も多かったが、(1)~(3)もそれぞれ2割を超え選択が割れた。

正解は(4)

7位 ニンニクの香りを最も感じる方法は?
(640人)

(1)レンジで温める (2)包丁でつぶす (3)まるごと使う (4)すりおろす

和洋中を問わず、料理の香り付けに欠かせない野菜。特有の香りはアリシンという成分で、殺菌作用や血栓を予防する効果が期待できる。約半数が「包丁でつぶす」を選択したが、細胞が壊れた方がアリシンが香るため、すりおろす→みじん切り→つぶす→まるごと使うの順に香りが立つ。

逆に臭いを抑えるには、薄皮が付いたままレンジで30秒ほど加熱するとよい。古くから世界各地で薬用として使われてきた。日本では青森県の生産量が7割弱と圧倒的に多い。

正解は(4)

8位 オクラについて、間違っているのは?
(611人)

(1)胃の粘膜を保護する効果が期待できる (2)鹿児島県の生産量が多い (3)緑色が濃くうぶ毛が密生しているものが新鮮 (4)乾燥に強いので、ネットなどで保存する

夏野菜の代表格。そのねばり成分が胃の粘膜を保護したり、消化を助けたりするといわれる。夏バテ予防におすすめだ。鮮やかな緑色で、表皮にうぶ毛が密生しているかが選び方のポイント。細かく刻むほど粘りが出る。主に温かい地域で栽培され、生産量は鹿児島県が約4割と最も多い。

乾燥に弱いのが特徴。水でぬらした新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存すれば3~4日もつ。冷凍する場合は硬めに塩ゆでしてラップに包むとよい。

正解は(4)

9位 春の七草の「すずしろ」は何?
(574人)

(1)カブ (2)ダイコン (3)ミツバ (4)菜の花

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろが春の七草だ。「カブ」の誤答が24%。一般にすずながカブ、すずしろはダイコン。60代女性の正答率は64%もあった。

この7種を刻んで入れたおかゆを「七草がゆ」といい、1月7日にその年の無病息災を願って食べる習わしがある。地域によって様々なダイコンが栽培され、その種類は世界最多といわれる。

正解は(2)

10位 トマトについて、間違っているのは?
(550人)

(1)赤い色素成分「リコピン」は抗酸化作用を持つ (2)ジャガイモ、ピーマンと同じ「ナス科」に属する (3)尻に星状の筋があるものは避ける (4)江戸時代は主に観賞用だった

女性に人気のトマトは、実はナス科。赤い色素のリコピンには抗酸化作用があり、ガンや生活習慣病の予防が期待できる。昆布と同様のグルタミン酸が含まれ、料理の味わいを深めてくれる。

皮に張りがあり、お尻に星状の筋があるものは実が充実している証し。赤い実は見た目も美しく、江戸時代は観賞用として栽培され、食用になったのは明治以降と比較的新しい野菜だ。

正解は(3)

■保存や調理での失敗は…

成人が1日に摂取すべき野菜の目標量は350グラム。しかし、実際の平均量は300グラムに満たない。背景には野菜の好き嫌いや苦手意識だけでなく、購入の仕方や取り扱いの間違いによるマイナスイメージがあるかもしれない。

今回、クイズに合わせて、野菜の保存や調理に関する失敗を聞いた。保存で多かったのが「ジャガイモの芽がすぐに出てくる」(30代女性)。実はジャガイモはリンゴと一緒に置いておくと発芽しにくい。「リンゴから出るエチレンガスの働きで発芽しにくくなる」(JAグループ)という。

調理では「タマネギをアメ色までいためたら焦がしてしまった」(40代男性)という失敗が多かった。タマネギの辛みより、甘みを感じやすくする手法として知られる「アメ色タマネギ」は、弱火で長く丁寧にいためるのが基本。しかし、「スライスして冷凍しておくと、繊維が壊れて火の通りが早くなるので調理時間を短縮できる」(JAグループ)。まとめて冷凍保存しておくといい。8月31日は野菜の日。改めて野菜の滋味を味わってみては。

◇ ◇ ◇

ランキングの見方 問題と選択肢。数字は回答を間違えた人数。

調査の方法 日本野菜ソムリエ協会(東京・中央)、JAグループ、女子栄養大学専任講師・管理栄養士の浅尾貴子さんの協力で野菜の知識に関する間違えやすい設問を24問作成。6月下旬、インターネット調査会社のマイボイスコム(東京・千代田)を通じ、全国の20~60代の男女1000人(各世代とも男女同数)に解いてもらった。(大久保潤が担当しました)

[NIKKEIプラス1 2019年7月13日付]

NIKKEIプラス1「何でもランキング」のこれまでの記事は、こちらからご覧下さい。

ランキング 新着記事

ALL CHANNEL