ARで砂遊び 知育テーマパーク「リトルプラネット」

日経クロストレンド

プレースホルダが運営する「リトルプラネット」。写真は、光と音のボールプール「ZABOOM」
プレースホルダが運営する「リトルプラネット」。写真は、光と音のボールプール「ZABOOM」
日経クロストレンド

2006年に子供が就業体験できる屋内型テーマパーク「キッザニア東京」が開業し、現在も人気の施設となっている。約60の施設から好きなものを選び、仕事体験ができる「知育」テーマパークだ。20年には3店舗目が名古屋市にオープンする予定。人気のキッザニアですら、1号店オープンから3店舗展開に10数年を要しているが、わずか1年で6店舗にまで拡大させた「知育」テーマパークがある。それがプレースホルダ(東京・品川)が運営する「リトルプラネット」だ。

拡張現実(AR)などのデジタル技術と、昔ながらの遊びを融合させたアトラクションを提供するのが特徴。19年10月には静岡県沼津市に開業する商業施設「ららぽーと沼津」に7店舗目をオープンし、19年中に常設施設を9店舗まで拡大する予定だ。

リトルプラネットのようなARを活用したアトラクションには、大手企業も熱い視線を向ける。例えば、18年には「ハウステンボス」が、屋外ウォークスルー型ARアトラクション「ジュラシックアイランド」をオープンした。ハウステンボスが有する大村湾の無人島を丸々使って、ARスコープ越しに現れる恐竜と戦うことができる。19年2月には、「よみうりランド」がARを活用した「スーパー遊園地」構想を発表した。ARの活用によって28年度には、18年度の2.3倍となる433万人の利用者を見込んでおり、ますますテーマパークでのAR活用は広がるとみられる。

テーマパークの短期アップデートを可能に

リトルプラネットはARを実現するハードウエアに汎用的な製品を使い、ソフトウエアコンテンツの開発に注力することで、費用や時間をかけることなくコンテンツのアップデートがしやすいつくりになっている。

この発想が生まれたのは、プレースホルダ最高経営責任者(CEO)の後藤貴史氏の前職に関係する。後藤氏はもともとソーシャルゲーム事業のポケラボ創業者でゲームクリエイターだ。「市販のゲームは売り切り・買い切りでよいが、アプリゲームは進化させ続けて、楽しませるアップデートが必要。(アプリゲームと)同じ発想で、元からアップデートを前提としたつくりにした」と話す。

例えばアトラクションの1つ「PAPER RIKISHI」は、力士の塗り絵に色を塗った後、設置してあるカメラでスキャンし、映像に取り込んだ力士を戦わせるデジタル紙相撲だ。塗る色に応じて、力士の能力(スピード・体力・強さ)に変化が生まれる仕組み。また、19年4月に登場したカーレースが楽しめる「SKETCH RACING」も同様に、色を塗りスキャンして映像に取り込んで遊ぶ。

これら2つのコンテンツは同じ設備を使うため、既存の店舗に設置されているデジタル紙相撲のアトラクションを、即日カーレースに変更することも可能だ。季節やイベントごとにアトラクションを変えやすく、ソーシャルゲーム的発想のテーマパークと言えよう。費用をかけずとも、リピーターに飽きさせないようにアップデートし続けられる。

デジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」。枠内に塗り絵を置き、ボタンを押すと読み込みが始まるため、小さい子でも簡単に遊べる
読み込んだ力士は、画面上で自動で戦う。大人でも、結構熱くなる

坪当たりの費用が半分で済むワケ

さらに制作・運用コストも抑えられる。「(リトルプラネットは)坪当たり、一般的な工事費用の半分しかかからない」と後藤氏は話す。これだけ低コストで運用できるのには、2つの理由がある。

1つ目が先にも述べた、汎用的なハードウエアを利用していること。特別なカメラやセンサーを使わず、市販品を用いることで、価格を抑えながら、多店舗展開を容易にしている。例えば、AR砂遊び「SAND PARTY!」では、インテルの3Dカメラ「リアルセンス」を使用。砂場の真上に取り付けることで深度を測定し、砂の高さに応じて海や火山の映像を投映。8段階で演出を変えている。

AR砂遊び「SAND PARTY!」。掘れば、小池や川ができ、盛れば、森や雪山となる。山の真ん中に穴を作ると火山になる
MONO TRENDY連載記事一覧