人は年間何万ものプラスチック片を摂取 ボトル水にも

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

プラスチックは、食料生産のあらゆる場面で使われている。写真のカメルーンの農園では、バナナに傷が付くのを防ぐためポリ袋をかぶせている(PHOTOGRAPH BY UNIVERSAL IMAGES GROUP, GETTY IMAGES)

「マイクロプラスチック」と科学者が呼ぶプラスチックの破片はどこにでも存在する。海底やビーチの砂だけでなく、風にも混入し、さらには人体からも見つかっている。2018年10月には、人間がプラスチックを気づかずに摂取しているかを調べる予備調査で、調査に参加した8人全員の排泄物からマイクロプラスチックが見つかった。

2019年6月5日付けで学術誌「Environmental Science and Technology」に発表された論文によれば、人は年間3万9000~5万2000個のマイクロプラスチックを食物とともに摂取するという。呼吸で吸い込む量も考慮すれば、その数は1年で7万4000個を超えるというのだ。

一般に、マイクロプラスチックとは5ミリ未満のプラスチック片を指すが、その大部分は顕微鏡でしか見えないほど小さい。

今回の研究では、ビールや塩、魚介類、砂糖、酒、蜂蜜に含まれるマイクロプラスチック量を調べた既存の研究をベースにした。これらの食物を、人間1人が1年で摂取する量(米国農務省の推奨値を参照している)を基にして、私たちが知らず知らずのうちに摂取するマイクロプラスチックの量が算出された。

ただ、これらすでに調べられている食品からわかるのは、平均的な人の消費カロリーの15%にあたる部分だけだ。

研究チームは、水道水や空気中に存在するマイクロプラスチックを調べた研究も調査した。その結果、米農務省が推奨する量の水道水を飲むと、さらに毎年4000個のマイクロプラスチックを摂取することになることが判明した。ペットボトル入りの水だけを飲んだとした場合は、さらに増え、その数は9万にも上ることになるという。

論文の著者キーラン・コックス氏は、この値は少なく見積もった結果で、実際のマイクロプラスチック摂取量は、もっと多い可能性があるとしている。

「調査した食物の多くは、生で食べるものです。何層ものプラスチックで包装されたような食品は、含まれていません」と同氏は話す。「これらまで加えれば、さらに多くのマイクロプラスチックを摂取していることになるでしょう」

2018年に学術誌「Environmental Pollution」に発表された論文では、貝を食べることで一緒に摂取するマイクロプラスチックの量よりも、空気中に含まれるほこりから体内に吸い込むもののほうが量が多いとしている。

とても気になる、健康への影響は?

こうして体内に入ったプラスチックは、その後、どうなるのだろう? 血液に混入するのか? 内臓にずっと溜まるのか? それとも、害はなく、単に体外に排泄されるだけなのだろうか?

人体が許容できるマイクロプラスチックの量がどのくらいなのか、また、健康への影響はどれくらいあるのかについては、まだ確かなことはわかっていない。2017年になってようやく、英ロンドン大キングス・カレッジの研究者が、摂取したプラスチックは徐々に蓄積され、有害な影響を及ぼす可能性があるとした論文を発表した。

そもそも、プラスチックの種類が違うだけで毒性も異なるはずだ。塩素など有害な化学物質で作られているもの、空気中に含まれる鉛などの微量の化学物質を吸着するマイクロプラスチックもある。こうした有毒物質が長い時間をかけて体内に蓄積すると、免疫システムに影響が出る可能性は否定できない。