ライフコラム

ヒットを狙え

合羽橋の料理道具老舗がパリ出店 現地人の心つかむ

日経クロストレンド

2019/7/3

海の幸、魚料理を専門とするフレンチレストラン「ブタリ」の料理人。同僚の日本人シェフに薦められて包丁を買いに来た。若き料理人が、包丁と共に成長していくことを思い描き、自分への宝を買うように時間をかけて選ぶ姿は印象的だ

■料理道具ならぬ「良理道具」の哲学

釜浅商店が創業したのは、1908(明治41)年。初代熊澤巳之助氏の時代は、熊澤鋳物店と呼ばれていたが、2代目熊澤太郎氏により53年、「釜」を売る「浅草」にある店と言う意味で、釜浅商店となった。

まだ大釜しかなかった時代、太郎氏は1人分でもご飯が食べられるようにと、小さな1合炊きの釜を考案。これが、釜飯の発祥だとされる。その後も、日本各地の職人とコラボレーションし、さまざまな料理道具を生み出した。日本全国からこれぞという料理道具を探し出し、買い付け販売もしている。

かっぱ橋道具街全体が不況に直面し、客入りの厳しい時期もあった。釜浅商店は11年に店自体をリブランディグ。ロゴやショップツール、Webサイト、インテリアなどを、以前より分かりやすく、現代的に改めた。12年の東京スカイツリー開業の追い風にも乗り、にぎわいを取り戻した。

「リブランディングといっても、店のイメージを一新するのではなく、それまで培ってきたものを整理し直して目に見える形にすることだった」。04年から社長を務める4代目熊澤大介氏は、そう振り返る。その過程で、「良い道具には良い理(ことわり)がある」というコンセプトが生まれ、料理道具ならず「良理道具」と呼ぶようにした。

釜浅商店が、パリにデビューしたのは、14年4月のこと。知り合いの日本人が経営するサンジェルマン・デ・プレのギャラリーで、期間限定型のポップアップストアを開いた。

その後、流行の発信地として知られるパリ右岸のマレ地区でも16~17年にかけ、「ブランマント(Blancs Manteaux)」や「スウェイギャラリー(Sway-gallery)」といった日本発のギャラリーで、ポップアップストアを次々と開催。17年には、パリ中心部にある無印良品の旗艦店レアール店からも声がかかり、包丁研ぎを体感できるワークショップを展開した。

このようにフランス人と触れ合うことにより、どんなものが売れるか手応えをつかみ、満を持してパリに常設店を構えた。18年のオープニングレセプションには、過去にポップアップストアを訪れた客が、知り合いを連れて足を運んだ。「良理道具」という理念が、フランスでも受け入れられた瞬間だ。

■安売りはしない経営哲学

店内に並ぶ包丁は1本、最低でも61.2ユーロ(約7500円)。最高で2854.8ユーロ(約35万円)もする。フライパンは20センチで60ユーロ(約7300円)、26センチで73.2ユーロ(約9000円・いずれも税込み)。安売りはしない。「高額と感じられるかもしれないが、長く使える。長く使うには、丁寧な手入れが必要となるので、メンテナンスに関してもきちんと説明する」(蛭田氏)という。

ずっと使い続けてほしいと願うからこそ、手にとって選んでもらうことを心掛ける。何を欲しているのか、どういう状況で使うかを聞き取った上で、一人一人にぴったりなものを共に見つけるようにしているという。「すべての製品に対し、十分な知識を持つようにしている。質問されて『分からない』とは返事できない」(蛭田氏)。

パリ店店長の蛭田恵実氏

実は、パリへの出店に際し、釜浅商店は広告を打たなかった。「最初の頃にオブニー(パリの日本人向け無料新聞)に一度小さなお知らせをしただけ。皆さん、ほぼ口コミ」と蛭田氏は語る。

いつしかフランス国外からの来店客も増え、19年5月には英ロンドンでも初のポップアップストアを開催した。19年7月1日には、南部鉄器の産地・岩手県盛岡市や、釜蓋を作る長野県の生産者と共に、3年を費やして生み出した「釜浅のごはん釜」を、合羽橋店とパリ店で同時発売する。

この先、グローバルに店を拡大するつもりはないという。「国外の店で日本の道具の素晴らしさを知ってもらい、合羽橋の釜浅商店にきてほしい。ここにはないものがたくさんあり、もっと手助けできることがある」と蛭田氏は語る。日本の伝統文化が、遠い欧州の地で、静かに確実に広がり始めている。

小さな深型バットを購入するためセーヌ川を渡ってパリ右岸からやって来た、元エールフランスのパイロットとその妻。数十回も日本を訪れているという日本ファンだった

(ライター 永末アコ)

[日経クロストレンド 2019年6月6日の記事を再構成]

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL