箱など立体物にも印字簡単 ハンディープリンター

日経トレンディ

「RICOH Handy Printer」(リコー)
「RICOH Handy Printer」(リコー)
日経トレンディ

リコー「RICOH Handy Printer」 
●実勢価格/5万5830円(税込み) 
●サイズ・重さ/幅46×高さ81×奥行き121mm・315g(インクカートリッジ含む) 
●印字方式/インクジェット方式 
●最大文字数/500文字 
●発売日/2019年4月17日 

印刷面に対して、スライドさせるだけで文字、画像、QRコードを印字できる「ハンディープリンター」がリコーから発売された。

従来のプリンターが本体内部に紙を送りながら印刷するのに対し、不定形サイズの用紙や立体物など、プリンターを通せないものにも印字できるのが特徴。文字や画像データはスマホやパソコンから手軽に取り込めるのも魅力だ。

印字したいテキストや画像をアプリから送信する
底のインク吐出部を印刷面に当てて使う

祝儀袋の記名などにも使えるが、実際に使用してみると、狙った場所に正確に印字するには慣れが必要。画像の場合はさらに難しく、きれいにプリントできなかった。家庭用ニーズをつかむのは難しそうな印象だが、リコーもそこは織り込み済み。「段ボールなどにナンバリングする法人需要を見込み、2年間で約2万台の販売を目指す」(リコー)という。

画像を印刷した際は、きれいな一枚画にならなかった
文字を印刷する際は、ローラーで水平にスライドさせて印字する

ヒット予報
発想は画期的で、一定数のユーザーの心はつかみそう。初速も好調という。一方で、印刷時の位置合わせがシビアで、自在に好きな場所に印字するのは難しかった。5万円超の価格もネックだ。法人需要の開拓がカギを握る。

[日経トレンディ2019年7月号の記事を再構成]