WOMAN SMART

マネー

オール私立は2300万円 大学卒業まで教育費どう確保

日経トレンディ

2019/6/12

■500万円を目標に大学資金をためる。児童手当+コツコツ積み立てで着実に

ためる資金のひとまずの目安は、高校3年生までに300万円。国立大学に通う4年間の費用(自宅通学の場合)+αに相当する。菅原氏は、「できれば私立文系に無理なく進学できる500万円を目標にしたい」と言う。

この子供1人当たりの大学資金を、小・中・高の費用を払いながらためていくのは大変。だが、これにある程度めどが立てば、自分たちの老後資金の用意にも本腰を入れられる。

大学資金づくりのベースとなるのは「児童手当」だ。行政から支給される月1万円や1万5000円の児童手当には手を付けず、「子供の将来のためのお金として、全額プールしておくこと。それ専用の銀行口座を用意してもいい」(菅原氏)。



行政から支給される児童手当には手を付けず、大学資金づくりのベースにするのが得策だ。対象となる0歳~中学校卒業の期間全体で約200万円、小学校低学年頃からため始めても100万円程度になる(第1子・第2子、所得制限世帯でない場合)。

収入が特に多い所得制限世帯でなければ、子供が0歳~中学校卒業の間に受け取る児童手当の総額は約200万円。小学校の低学年くらいからため始めたとしても、100万円程度にはなる。

目標を高3までに500万円とするなら、残りの約300万~400万円を自力で積み立てていく。所得制限世帯は児童手当が少なく、自力部分が大きくなるが、そもそも収入が多い世帯なので、しっかり計画しさえすれば目標達成はそこまで難しくないはずだ。

積み立てに使うのは、預金や学資保険が基本。目減りすると困るお金なので、値動きがない商品で着実に積み上げていくことを第一に考えたい。



児童手当をためたうえで、目標額に足りない部分を積み立てでつくっていく。300万円をためるのに必要な毎月の積立額を、積立期間別に示したのが上の表。高3までの残り期間が10年以上あれば、家計のやりくりの範囲でそれほど無理なく大学資金を用意できそう。とにかく早く始めるのが一番だ。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
中田敦彦 成功者をまねてみると「自分軸」が見つか
日経DUAL
ECC取締役が時間テク伝授 パパママ現場リーダーへ
日経ARIA
真矢ミキが実践 40代で自分年表を書いて自己分析
日経doors
SNS6つ、15アカウントを駆使 Z世代の現役大学生
ALL CHANNEL