エースの新作バッグ こだわったのは「車内マナー」納富廉邦のステーショナリー進化形

まずバッグ自体が軽い。その上で滑りにくいパッドが入ったストラップのおかげで、背負ったときの負担がとても少ない。

体からはみ出さないサイズとはいえ、縦型の直方体だから、B4ファイルが楽に入る。マチも一般的なブリーフケースより少し薄い程度だから、容量的には実は十分過ぎるくらい。「薄マチ」というのはあくまでも従来のリュックに比べればという話で、ビジネスバッグとして考えれば決して小さくはないのだ。

使ってみて実感したのは、前面ポケットの便利さ。上下、2つのポケットは、どちらも底が浅く作られていて、名刺入れやデジカメ、手帳、筆記具、文庫本など、サッと取り出して使いたいものの収納にピッタリなのだ。手を入れればすぐにモノが取り出せるから、前にバッグを抱えている状態でも出し入れがスムーズ。座席に座っていても、結局バッグは前に抱えることになるから、やはりこのポケットが活躍する。上段のポケットは中がパイル地になっていて、デジタル機器などを入れても安心と、配慮が行き届いている。

ガジェタブルの使用イメージ。前面上下にポケットが用意されていたり、横に持ったときにも扱いやすかったりと、細かい使い勝手を検証した上で作られていることがよく分かる
今回、ビジネスリュックの企画を担当したことで、薄マチリュックの快適さを再認識したと語る西村さん

他にも、外に引っ張り出すこともできるはっ水生地のポケットや、横から手を入れて使えるサイドポケット、パソコン用と荷物用に分かれている二層構造、ストラップを収納して横持ちすればブリーフケースのように使える設計など、本当に豊富な機能を持つ。単に車内マナーに則しているだけでない、多機能ビジネスバッグに仕上がっているのだ。西村氏が「実際、自分で使ってみて快適さにビックリした」といっていただけのことはある。

キャリーバッグもマナーに注目

エースでは、キャリーバッグでも車内マナーに配慮した機能を積極的に搭載している。たとえばテレビCMなどで訴求している、ボタン一つでキャスターをロック(正確には4輪のうち、背面側の2輪をロックする)して、電車内やホームで転がり出さないようにする機能。これは順次、日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」の標準仕様に搭載していくという。

ビジネス向きキャリーバッグ「プロテカ」は、それ単体で一本記事を書きたいくらいよくできている(写真は360T)
キャリーハンドルを押し下げた位置にあるボタンを押すことで、キャスターにロックがかかる(左がロックオフ、右がロックがかかった状態)。ハンドルの伸縮に合わせて操作できるので、ちょっとした時にもストレスなくロックできる

このロック機能、キャスターが2輪の時代は必要がなかった。手を離しても転がっていくことはなかったからだ。「しかし快適な走行性や静音性、周囲への迷惑の軽減(2輪だとバッグを手前から引っ張る形になる)などから、4輪のキャスターが一般的となっています。そうなると、今度は快適だからこそ転がり過ぎるキャスターに対応する必要が出てきたのです」(マーケティング部の柳光洋さん)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
トートバッグも「実は迷惑」
MONO TRENDY連載記事一覧