MONO TRENDY

デジタルライフ

マウス・USBハブ…100均でそろえるパソコングッズ

日経PC21

2019/6/19

マウスやケーブルなど、ちょっとした周辺機器は100均で探してみよう

お金をかけずに悩みを解決したい……。パソコンの周辺機器やスマホ関連グッズなど、100円均一ショップ(100均)の商品には案外優れものがある。今日はパソコンユーザーに便利なグッズを紹介する。

■出先にマウスを忘れた! タッチペンがない!

出先で携帯ノートを使おうとしたらマウスを忘れた──。タッチパッドの操作が苦手という人は是が非でもマウスが欲しいところだが、一時しのぎなら100均の格安品で十分だ。

キャンドウの有線マウスはモバイル向け。小型で携帯ノートと一緒に持ち出すのに最適だ。クリックボタンの押し心地も良く、マウスパッドの上ならポインターの反応も悪くない。100円なのは驚きの高コスパだ。

「USB光学式マウス」(キャンドウ)税別100円。キャンドウの有線マウスは少し小ぶりで、持ち歩いて使いやすい
「ワイヤレスマウス 鏡面タイプ」(ダイソー)税別300円。ダイソーのワイヤレスマウスはつかみやすいサイズで、長く握っていても疲れにくいだろう

ダイソーのワイヤレスマウスも見逃せない。煩わしいケーブルから解放されるだけでも価値はあるが、握りやすさも良好で1000円のマウスと比べても遜色ない。マウスを動かしたときのポインターの移動距離を本体のスイッチで調整できる機能もある。

タブレット用のタッチペンは100均での品ぞろえが充実し、さまざまなタイプがある。「タッチペン ボールペン付」はユニークな製品で、液晶に触れるゴムの中央からボールペンが出せる。液晶と紙でペンを持ち替えるといった煩わしさがない。

「タッチペン ボールペン付」(ダイソー)税別100円。通常はタッチペンでスマホやタブレットをなぞって操作できる。上部のボタンをノックすると先端のゴムからボールペンのペン先が出る

キーボードを快適に使うための掃除グッズもある。「ジェルクリーナー」はジェルをキーボードに押し付けてゴミを吸着して取り除ける。

「ジェルクリーナー」(ダイソー)税別100円。キーボードにジェルを押し付けて、ゆっくりと剥がすとゴミを吸着できる。吸着力が衰えるまで、繰り返し使える

■USB端子の空きがない! SDカードスロットがない!

「USB端子に空きがなく、周辺機器を追加できない」「SDカードスロットがないので、デジカメ写真を記録したSDカードをセットしてコピーできない」──。こういう場合、通常は量販店などでUSBハブやカードリーダーを買うが、実は格安の100均グッズでまかなえてしまう。

「USBハブ4ポート」(ダイソー)税別100円。端子は上面に3つ、側面に1つ備える。パソコンのUSB端子に接続し、本機の端子にマウスやUSBメモリーを挿して使える。ただし、外付けHDDなど消費電力が大きい周辺機器は、接続しても電力不足で認識しない場合がある

USB端子の空きがないときはダイソーの「USBハブ4ポート」を使おう。端子の数を増やせるのでマウスやUSBメモリーなどをつなげて動作させたり、スマホを接続して充電できる。データ通信の速度が遅いといった弱点もあるが、緊急用と割り切って使えば十分に活躍するだろう。

「スマホ、タブレット、PC対応カードリーダー」(ダイソー)税別100円。タイプA端子はパソコン、反対側のマイクロB端子は対応するアンドロイドスマホに接続して使える。SDカードとマイクロSDカードのスロットを備える

内蔵カードリーダーがない場合もダイソーのカードリーダーを使うとよい。USBメモリーと同程度のサイズで、ポーチなどに入れて持ち歩いてもよい。スマホのマイクロB端子でも利用でき、撮影した写真の転送やバックアップなどに役立つ。

「変換アダプタ USB TypeC」(ダイソー)税別100円。本製品の背面にタイプA 端子の周辺機器を接続して変換する。そのままパソコンのタイプC 端子に接続すれば認識する。スマホのタイプC端子に挿して使うことも可能

USBタイプC端子しかないパソコンに、タイプA端子の周辺機器を接続するなら変換アダプターを用意しよう。周辺機器の端子をアダプターに挿し込み、そのままパソコンに接続すれば使えるようになる。

■見苦しいパソコン周りのケーブルをキレイに

部屋中にケーブルが張り巡らされていてゴチャゴチャ。そんな環境は、ケーブルが絡み合うと見た目も悪いし、机上のスペースが減って作業効率も落ちる──。100均で買える整理グッズを活用してスッキリさせよう。

「ケーブルチューブ 中」(ダイソー)税別100円。複数のケーブルを1本に束ねる、長さ1.8メートルのコードチューブ。まとめたケーブルにぐるぐる巻き付けるだけで使える

パソコン周りの邪魔なケーブル対策は「ケーブルチューブ」の出番。パソコンから複数出ているケーブルを1本に束ねられる。まとめたケーブルにチューブをグルグル巻き付けるだけと使い方も簡単だ。

「ケーブルツイスター」(ダイソー)税別100円。小さくまとめたケーブルに巻き付けて留められる。ワイヤーの長さは12センチと24センチ

使っていないケーブル整理では「ケーブルツイスター」が便利だ。小さくまとめたケーブルをワイヤーで巻き付けて固定できるので、そのまま整理棚や箱に入れておこう。ほかのケーブルと絡み合ったりせずに、必要になったときもすぐ取り出せる。

「ケーブルボックス」(ダイソー)税別100円。電源タップを収納し、サイドの穴からケーブルを出して使う。内部は約22センチの横幅があり、4個口程度のサイズでも問題なく入るだろう。蓋の上にスマホが置けるのも便利

電源タップの周りはケーブルの「密集地帯」。ここをキレイに見せるには「ケーブルボックス」を使おう。邪魔な電源タップをボックスの中に入れて隠せる。側面の穴からケーブルを出せるので使い勝手は損なわない。床をはっている配線には「コードフック」。フックを壁に貼り付けてケーブルを通して固定すれば、目立たなくなり邪魔にならない。

「コードフック M 粘着テープ式」(ダイソー)税別100円。粘着テープで壁に貼り付 けて使う。フックにケーブルを通したら、先端を折り曲げてケーブルが抜けないようにする

[日経PC21 2019年7月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
花王ビオレ「LOHACO限定デザイン」で3倍も売れた
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
変な名前の高級食パン店が増殖中 仕掛け人の狙いと
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL