働き方・学び方

リーダーの母校

組織運営学んだ天王寺高ラグビー部 三菱地所PM社長 川端良三・三菱地所プロパティマネジメント社長(上)

2019/5/27

また、練習環境も恵まれていませんでした。グラウンドは土で(当時は当たり前でしたが)、ラグビー部、野球部、ホッケー部、サッカー部の4部で共用していました。練習時間も放課後の正味2時間くらいだったと思います。監督、部長もラグビー界で名の知れた方々ではありましたが、ラグビー専門のコーチとかではなく、天王寺高校で教壇に立たれている現役の先生方でした。

「主将の考えをブレークダウンしてわかりやすく伝える。この経験が社会人になっても役に立った」と振り返る

現役部員内での上下関係も厳しかったですが、何より緊張したのはOBが来るときです。休日や夏休みなど、無償で指導に来られる。ありがたい半面、現役の我々にとっては怖い存在なわけです。それこそ高校日本一になった時代の先輩方などは特に怖かったです。また、夏合宿にはOBの方々が大挙していらっしゃり、選手1人にOB1人がコーチとして付くくらい、ほぼマンツーマンでの指導のような感じでした。どこにも逃げられません。これはきつかったですね。

ただ、先生や先輩方の厳しい指導には一本の芯が通っていました。相手(個人)を尊重すること、チームメートへの思いやり、そして勝利のために自分が何をすべきかを常に考える。天王寺高校の校訓は「自由闊達、質実剛健」、そして「文武両道」。ラグビー部は長い歴史の中で、まさにこうした精神を体現してきたと言えます。

尊敬している先輩の一人で、ラグビー関係者で知らない人はいないと思いますが、4つ年上の代に松永敏宏さんがいらっしゃいます。高校3年生の時、府大会の決勝戦で惜敗し残念ながら花園には出場できなかったのですが、その後、個人として高校日本代表に選出されました。後に慶応大学ラグビー部でも主将をされ、その年は関東大学ラグビー対抗戦グループで全勝優勝。平尾誠二さんが率いる同志社大学との大学選手権決勝戦は今でも語り継がれている程の名勝負でした。

また、松永さんの1つ上の代の一井哲さんも同じく、花園には出ていませんが、高校日本代表に選抜されておりました。花園に出場もしていない高校から2代続けて高校日本代表に選ばれるということは、単にラグビーの技術だけでなく、まさに天王寺高校で培ったその精神も評価されてのことではなかったでしょうか。

高校3年生のとき、副主将を務めた。

心掛けていたのは、主将と選手のつなぎ役、フォロー役になることです。1~2年生と3年生とでは戦術に対する理解や試合への心構えが違います。ですので、主将の言葉の真意が後輩たちに伝わっていないと思うことがあったように思います。3年生同士でも、主将が考える作戦と、個々の選手が目指すプレーとの間にズレが生じることもあります。そういうとき、主将の考えをブレークダウンしてわかりやすく伝える。間に入っている自分だからこそ、できる役割だと思ったんですね。

働き方・学び方 新着記事

ALL CHANNEL