ヒャダインさんも悩んだ乾癬 10年で治療が進化

日経Gooday

自身の乾癬経験について話すヒャダインさん(写真提供=アッヴィ)
自身の乾癬経験について話すヒャダインさん(写真提供=アッヴィ)
日経Gooday(グッデイ)

「乾癬(かんせん)」とは、特徴的な皮疹が見られる慢性炎症性皮膚疾患で、国内に約43万人の患者がいるとされる。その治療はこの10年で大きく進歩したが、一方で自分に合う治療法に出合えていない患者や、過去に病院で「治らない」と言われてそのまま治療を諦めている人も多い。また、見た目に分かる症状から偏見が生じることもある。アッヴィ主催・乾癬メディアセミナーより、帝京大学医学部皮膚科学講座主任教授の多田弥生さんによる乾癬を取り巻く社会課題と乾癬治療の最新事情に関する話、および音楽クリエーターのヒャダインさんら乾癬患者の声を紹介する。

皮疹だけでなく、心の傷や自己肯定感の低下も

「乾癬」では、本来なら外来微生物を攻撃するための反応が、攻撃対象となる微生物がいない皮膚で起こってしまい、白血球などが集まって皮膚に炎症が起こり、赤く盛り上がる。患部の皮膚表面では新陳代謝が活発になり、正常な皮膚が作られないためカサカサと乾燥する。これが硬くなると銀白色の「鱗屑(りんせつ)」と呼ばれる皮膚片が、フケのようにはがれ落ちたりする。持続的なかゆみがある患者も多く、中には炎症により関節の腫れや痛みを伴う場合もある。このように乾癬は、皮膚の症状が特徴的な、免疫の働きが関わる疾患であると考えられている。

うつる病気ではないが、頭皮や爪など人目につく部分に症状が現れやすいため、周囲の誤解・偏見を招くことが多い。「温泉などに行けない」「(銀白色の鱗屑が目立つので)黒い洋服が着られない」など日常生活が制限されるだけでなく、人との接触を避け、皮疹を隠して振る舞わざるを得ない状況から、心の傷も蓄積していく。

多田さんによると、乾癬の重症度を判断するには次の3つの評価尺度が用いられている。

(1)皮疹の面積が体表面積の何%か
(2)全身の乾癬の活動性・重症度の評価
(3)皮膚の状態が生活の質に与えた影響に関する評価

このうち、(3)について、乾癬患者は糖尿病などの生活習慣病患者と同じくらい生活の質が障害されるという結果もあるという。乾癬の問題は単に皮疹があるということにとどまらない。乾癬患者はメタボリックシンドロームの合併率が高く、結果として、特に重症な乾癬の患者では心筋梗塞などのリスクが高まることが知られている。さらに、社会からの拒絶・自己肯定感の低下など、様々な因子が複雑に絡み合って患者への負担として蓄積していく。

そのため、たとえ皮疹が寛解(病気の症状が軽減またはほぼ消失した状態)しても、特に重症度の高い患者には、なかなか人生に自信が持てず、夢が持てないといった傾向も見られるという。患者の一人は「治療で皮疹はきれいになったが、乾癬がある姿が自分の本当の姿だという思いがある。今も自己肯定感は低い」と話す。

「症状が長期化するにつれ、繰り返し傷つく体験を積み重ね、乾癬という病気が患者さんに重くのしかかり、深い心の傷になって刻み込まれます。さらにメタボリックシンドロームや心筋梗塞といった病気も加わり、より心の傷が深くなれば、うつ病などの精神疾患を患うこともあります。もし乾癬がなければ歩まなかった人生を送る可能性があるのです」(多田さん)

劇的に進化している乾癬治療

「乾癬という重荷をできるだけ早期に解放して、乾癬がなかった時のように人生を歩んでもらいたい」と多田さんは言う。その手段の一つが適切な治療を行うことだ。

乾癬の治療は、この10年で飛躍的な進歩を遂げている。外用薬を基本に、紫外線を人工的に浴びる光線療法と内服薬しか選択肢がなかった時代は、皮疹を改善することはできても完全に消失させることは難しかった。2010年に注射・点滴療法(生物学的製剤[注1])が登場し、乾癬に関わるサイトカイン(細胞から分泌される低分子のたんぱく質)だけを抑制する積極的治療が可能になり、治療成績が格段に高まった。

[注1]生体がつくる物質を薬として使用するもので、体の免疫機能に関わる物質である「サイトカイン」の働きを弱める薬。