ブック

著者に聞く 仕事の風景

部下に振って、巻き込む プレイングマネジャーの極意 『プレイングマネジャーのルール』小池浩二氏

2019/5/22

■チームの一体感を引き出す

「選手兼監督」の多忙な管理職には「シェアードマネジメント」を提案する小池浩二氏

実際に仕事を分かち合うには、まず業務を棚卸しして分担可能なピースに分け、それぞれを切り出す必要がある。「3年目の若手にも任せられる業務だってなくはない。メンバーの資質と見比べて大胆に委譲してしまうほうがよい」と、小池氏はアドバイスする。

もちろん、すべての業務を譲り渡すわけにはいかない。人事や予算など、管理職の権限が必須の業務は任せにくい。だが「大抵のプレマネはマネジメントを見よう見まねで習得していて、スキルにばらつきが大きい。その意味からいえば自分も部下も似たり寄ったりだ。やたらとおじけるには及ばない」と、小池氏は背中を押す。

チーム内分担にあたってのざっくりした考え方は「小学校の役割分担で構わない」という。クラスのリーダーとなる学級委員のほかにも、植物に水をやる係や教室の掃除、給食の当番など小学校にも様々な「業務」がある。ただ、必ずしもすべてのポジションが適材適所というわけではない。そこそここなせる程度の「相性」で落ち着いているケースが少なくない。「業務の難易度とメンバーの資質を厳密に考え始めると判断が止まってしまいがち。後で割り振りを見直すことも織り込んで『任せてみるか』程度の感覚であてがってしまうほうがよい」(小池氏)

プレマネの業務を分かち合うことは、本人の負担を減らすだけではなくチームの一体感を引き出す効果も見込める。受け持ったメンバーが判断に迷う機会が増えるので、必然的に相談の場面が増える。チーム内の風通しや情報共有にもプラスに働きそうだ。「30、40代のプレマネは若い世代との意識のずれに悩まされやすい。仕事の分かち合いを通して、ずれを感じ取り協調していく道筋を見つけやすくなる」と、小池氏は対話や共感につながるメリットを強調する。

■望ましいリーダーの像は変化する

管理職が社内情報を握り、部下には最終的な指示だけを出すような上意下達の仕組みでは、チームが同じゴールを目指しにくい。プレマネとチームメンバーとの人間関係もギスギスしがちだ。一方、仕事の分かち合いはチーム内で責任感や目標もシェアする関係を生む。「経営方針や長期計画などへの理解も深まるので、チーム全体としてミッションの達成に取り組みやすくなる」と、小池氏は単なる「分担」にとどまらない効果を説く。

「若手が動いてくれない」との嘆きに対しては、小池氏は「巻き込みが足りない」とみる。立場の強いプレマネが率いるチームでは、メンバーがリーダーに依存する傾向が強まりやすいという。そういう状況に慣れてしまうと、いざチームのリーダーとして旗を振っても「最後はどうせリーダーが何とかしてくれる」とメンバーが他人任せになりがちだ。「各人が自ら目標を理解し能動的に動かないと、チーム全体のパフォーマンスが上がらない。生産性を高めるうえでも、分権、分業は欠かせない」(小池氏)と、もう一段の巻き込みを促す。

ブック 新着記事

ALL CHANNEL