人類の系統樹に新種「ルソン原人」 フィリピンで発見

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

未知の初期人類の歯と骨が見つかったフィリピンのカラオ洞窟。発掘した研究者は「ホモ・ルゾネンシス(Homo luzonensis)」と名付けた(PHOTOGRAPH BY D. PARDO, NATIONAL GEOGRAPHIC YOUR SHOT)

人類の系統樹に、新たな枝が加わった。2019年4月10日、フィリピンの研究者が新種の原人を発見したと発表した。「ホモ・ルゾネンシス(Homo luzonensis、ルソン原人)」と命名された未知の小型人類は、少なくとも6万7000年前から5万年前には、現在のフィリピンのルソン島で暮らしていた。全部で7本の歯と6本の小さな骨がルソン原人と同定された。

これらの骨では不思議なことに、数百万年前の猿人(アウストラロピテクス)と、もっと進化した人類に見られる特徴が混在していた。この画期的な発見は、4月10日付けの学術誌「ネイチャー」に発表された。東南アジアの島で古人類の証拠が見つかるのは、過去15年間で3件目だ。

「長い間、フィリピンの島々は、多かれ少なかれ蚊帳の外でした」と論文の共著者でプロジェクト・リーダーを務めたアルマンド・ミハレス氏は話す。同氏は、フィリピン大学ディリマン校の考古学者で、ナショナル ジオグラフィックの支援も受けている。しかし、今回のルソン原人の発見で状況は変わった。そして、人類が原始的な種から現生人類に近い種へと直線的に進化した、とするやや時代遅れの説も覆りつつある。

「新発見に興奮しました」と、国立科学博物館の人類進化学者である海部陽介氏はメールで述べた。「この報告は、かつてアジアにいた原始的な人類の多様性が、従来の予想をはるかに超えるレベルのものであったことを物語っています」。なお、氏は今回の研究に関わっていない。

論文を査読した英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの古人類学者アイーダ・ゴメス=ロブレス氏は、新種と断言するのをためらっている。しかし、今回の珍しい化石を説明する仮説は、どれも等しく興味深いと付け加えた。

「今後数年以内になされる発見の中で、間違いなく最も重要なものの1つです」

アジアの過去をより深く掘る

数十年前まで、アジアの人類史は今よりはるかに単純なものだと考えられていた。100万年近く前に、ホモ・エレクトスなどの原人が現在のインドネシアの一部に移ってきたことはわかっていた。しかし、それ以上東の海には海流があり、船なしでは渡れないと考えられていた。

ルソン島は、大陸と陸続きになったことが一度もない。そのため、古代の人類がたどり着くのは特に難しかったはずだ。だからより深く、より古い地層まで掘ったところで実りは少ないと考古学者たちは考えてきた。実際、ミハレス氏が2003年に初めてカラオ洞窟を発掘した時に、2万5000年前の人類の証拠を見つけたものの、約1.2メートルより深くは掘らなかった。

フィリピンの首都マニラがあるルソン島の北端に位置するカラオ洞窟。ルソン島は、過去250万年間、アジア大陸と陸続きになったことがない(PHOTOGRAPH COURTESY OF CALLAO CAVE ARCHAEOLOGY PROJECT)

「ほとんどの東南アジアの考古学者は、洞窟遺跡を2メートル掘っただけで発掘を止めていました」とミハレス氏は話す。

状況を一変させたのは、2004年、インドネシア、フローレス島に5万年前まで生息していた「ホビット」ことフローレス原人(Homo floresiensis)の発見だった。ミハレス氏はこれに刺激を受け、2007年にカラオ洞窟の再調査を行い、文字通り、より深く掘ったのである。

2003年に発掘を中止した深さから、研究チームはさらに粘土層を1.5メートル以上掘り進めた。化石は見つからなかったものの、さまざまな種類の岩片を含む角礫岩の層が現れた。この層からはるか昔に洞窟に流れ込んできた骨の断片が見つかった。じれったいことに、当初見つかったのは、シカやブタなど動物の骨だけだった。しかし注意深く調べると、他とは違う化石が1つあった。ほぼ完全な足の骨で、人のものに見えた。この骨を動物考古学および古生態学者のフィリップ・パイパー氏に送った。同氏は、今回の論文の共著者でもある。

ナショジオメルマガ