グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

話題のこの店この味

コーヒーを五感で体験 急増するロースター併設カフェ

2019/4/28

「FOOD HALL BLAST! TOKYO」の店頭にある京都のダイイチデンシ社製の小型のロースター

米バージニア州発祥のカフェ「Greenberry's COFFEE(グリーンベリーズコーヒー)」は、19年2月に東京・新宿の「FOOD HALL BLAST! TOKYO」と大阪・難波の「FOOD HALL BLAST! OSAKA」に、同ブランド初のロースター併設店舗をオープンした。

新宿の「FOOD HALL BLAST! TOKYO」へ行くと、店の入り口近くに置かれた小型のロースターが出迎えてくれた。焙煎は毎日午前中に行っており、生豆の投入から焙煎、焙煎豆の冷却までの全工程を見ることができる。透明なロースティンググラスを見れば豆の焙煎具合が分かり、透明なボトル(通称、チャフボトル/上の写真の右側の丸いグラス)の中では生豆の表面から取り除かれたチャフと呼ばれる豆の皮が舞っている様子が見えて面白い。

豆は世界各地の農場から厳選された生豆を米国本部から月に1度日本へ空輸しているそう。店内で焙煎した豆は3日ほど寝かせて飲みごろになったところでひいて提供しているとのこと。

「Greenberry's COFFEE」の看板商品のニトロコーヒー

お薦めの「ニトロコーヒー」(ショート450円税別、ロング600円税別)を飲んでみた。18時間かけてゆっくりと水で抽出したコーヒーに、ニトロ(窒素ガス)を充てんしたもので、見た目はまるでビールのよう。泡の舌触りはなめらかで、酸味や甘みのバランスがいいリッチな味わい。アイスコーヒーのようにキンキンに冷えておらず、ゆったり楽しむことができる。

同店のロースターは事前に登録したプログラミングに基づき、少量焙煎ができるのが特徴。ブランドのコンセプトである「Small batch&Big flavor(少量焙煎が生み出す豊かな香り)」を店内で実現している。

「今後はお客様の要望に応じて焙煎するオーダーメード焙煎なども行っていく予定です。また、焙煎士が店舗にいなくても焙煎ができる仕組みを生かして今後のFC展開においては焙煎機設置店を増やしていく計画です」(同店を経営するK&BROTHERS代表取締役の岩谷良平さん)

客層は20~40代の女性が中心で、店の前を通行中に焙煎中の香ばしい匂いにひかれて来店する客も多いとか。深煎りのコーヒーによく合う10種のオリジナルスコーンも提供するなど、フードメニューにもこだわっている。

雰囲気やメニューもさまざまなロースター併設カフェ。いろいろ巡ってお気に入りを見つけてみてはいかがだろうか。

(GreenCreate)


グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL