くらし&ハウス

トレンド

茶席・能楽…和文化になじむスーツの粋な着こなし

MEN’S EX

2019/5/21

“能楽とスーツ”

非日常な空間を飾るジャパンモダンな濃茶のダブルスーツを

海外からの友人を連れて、休日の銀座を案内する。繁華街の喧騒を抜け、深い静寂に包まれたGINZA SIXの観世能楽堂へ。これから目当ての演目を鑑賞する。着物姿など、やはり観劇時には華やかな服装が多い。こんなときは涼しいのに適度なシャリ感と光沢を併せ持ち、堅い場にも馴染む強撚ウールのスーツが正解だ。ダブルブレストだから一層華やかに見える。合わせるシャツも思い切ってハイネックにすることで、休日のリラックス感にも新鮮みが生まれる。

例えば……カンタータのハリのあるセットアップスーツ

ジャケット24万円、パンツ8万5000円/カンタータ(以上カルネ) シャツ2万6000円/バグッタ(トゥモローランド) メガネ3万7000円/オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス(オブジェ・イースト)
一流の伝統芸を身近に
[ 二十五世観世左近記念観世能楽堂 ]
DATA:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX地下3階 TEL:03-6274-6579 (営)9時30分~17時30分 (休)不定休 https://kanze.net

“お座敷遊びとスーツ”

宴に華を添える微光沢あるクラシックスーツ

赤坂、外堀通りから一本入った静かな裏通りに佇む加賀料理の料亭「赤坂 浅田」。花街・赤坂の芸者衆の舞、日本人の風雅な感性、美しい日本の文化を堪能できる場所に招かれることもあるだろう。料亭ならではの凛とした空間には、もちろんスーツで臨みたい。とはいえ、芸者さんを相手にして、酒や余興に興じるのであれば、スーツは紺無地でも、タイぐらいは華やかな色柄入りで遊んでみよう。心地よい空間、芸者衆との小気味よい会話に、いつにも増して酒が進む。

例えば……リングヂャケットの強撚ウールスーツ

スーツ24万円/リングヂャケットマイスター206(リングヂャケットマイスター206 青山店)シャツ4万2000円/サルヴァトーレ ピッコロ(トゥモローランド) タイ1万6000円/ホリデー&ブラウン(ビームス 六本木ヒルズ) 時計59万円/IWC(IWC)
和文化に浸れる加賀料理の名店
[ 赤坂 浅田 ]
DATA:東京都港区赤坂3-6-4 TEL:03-3585-6606 (営)昼/11時30分~14時30分(L.O.14時) 夜/17時30分~22時30分(L.O.22時) (休)不定休 http://www.asadayaihei.co.jp/akasaka/

※表示価格は税抜きです。

撮影/黒沼 諭(aosora)、渡辺修身、江原英二(astro)、長尾真志〈取材〉、若林武志〈静物〉、小澤達也〈取材〉、荒金篤史〈取材〉、久保田彩子〈静物〉、武蔵俊介〈静物〉 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/ MASAYUKI(The VOICE)、勝間亮平(masculine) 文/秦 大輔、吉田 巌、藤村 岳 取材・文/小曽根広光、伊澤一臣 イラスト/千野エー

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年5月号の記事を再構成]

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL