MONO TRENDY

ヒットを狙え

スマホでフィット感自在 ナイキがスマートシューズ

日経トレンディ

2019/5/19

ナイキ「ナイキ アダプトBB」
日経トレンディ

注目の新製品や新サービスをピックアップ、市場性や開発者の声などから、日経トレンディ記者が大胆に「ヒット予報」をする。今回取り上げたのは、スマートフォン(スマホ)の専用アプリを操作して靴のフィット感を自由自在に変えられる「ナイキ アダプトBB」(ナイキ)だ。

◇  ◇  ◇

ナイキ「ナイキ アダプトBB」 
●予想実売価格/3万7800円(税込み) 
●サイズ/25~29、30cm 
●連続駆動時間/10~14日間(週3回のアプリ利用時) 
●発売日/4月5日 

ナイキから「スマートシューズ」をうたうシリーズの第1弾となるバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」が発売された。最大の特徴は、スマホの専用アプリを操作して靴のフィット感を自由自在に変えられること。足を入れると専用のモーターとギアが足が必要とする圧力を感知。アプリを操作してモーターを動かし、シューレース(靴ひも)を締めたり緩めたりできる。

同社は17年、靴に搭載されたボタンで調節できる「ナイキ ハイパーアダプト1.0」を発売済み。しかし実際に履いてみると、履き心地は全く異なる。ハイパーアダプトは足の甲の部分を中心に締める従来の靴ひもと似た感覚。対するアダプトBBは、かかとを中心にがっちり固められる印象だった。

ワイヤレス充電が可能でフル充電に要する時間は約3時間。残量はアプリから確認できる
スマホアプリを用いて締め具合を調節。ソールの左右に搭載されたLEDランプの色も変えられる

スマホの操作もシンプル。締め具合を調節する画面には「L(左)」「R(右)」の文字が大きく表示されており、指を上に滑らせると締まり、下に滑らせると緩む。本体のボタンでも締め具合を調節できるが、微妙な調節はアプリのほうが簡単。リリースボタンを押せば一気に緩んだ状態になり、脱ぐときなどに便利だ。

今後、複数のフィット感を登録して簡単な操作でそれらを瞬時に呼び出せる「プリセットモード」も提供される予定。試合中はしっかりと締め、休憩時は少し緩めるといった使い方も可能になり、まさに進化するシューズといえる。

シューレース(靴ひも)は32ポンド(約14.4kg)の力で引っ張ることができる強度。靴底にモーター、ジャイロセンサーなどが埋め込まれている
ヒット予報
ハイパーアダプトは税込み8万円超と手を出しにくかったが、アダプトBBは半額以下で、実用モデルといえる。搭載するセンサーで個々人のデータが取得でき、より個々のユーザーに合った機能のアップデートが期待される。

(日経クロストレンド 山下奉仁)

[日経トレンディ2019年5月号の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
ワークマン快進撃 ユニクロ超えの1000店舗体制へ
日経クロストレンド
綾瀬はるかの「奇妙な踊り」が話題 江崎グリコの想
日経クロストレンド
キリン淡麗とサントリー金麦 緻密なリブランド戦略
日経クロストレンド
森永「大人向けラムネ」大ヒットの理由とは?
ALL CHANNEL