powered by 大人のレストランガイド

元外務省職員ハマッたタイの味 東京ドームの店で再現

東京ドームシティにタイの下町が出現! 今月末まで、タイ語で注文するとパクチーが大盛りに
東京ドームシティにタイの下町が出現! 今月末まで、タイ語で注文するとパクチーが大盛りに

「タイ料理研究所」――およそレストランとは思えない名前の店が話題を呼んでいる。2019年3月15日に東京ドームシティ内の新スポットにオープンしたタイ料理店だ。カラフルな店内はまるでタイの屋台の雰囲気。でもなぜ「研究所」という名前なのか? 一体どんな店なのだろうか?

JR水道橋駅西口から橋を渡るとすぐに見えてくる「黄色いビル」エリア。かつては競馬の馬券売り場だった場所だ。この3月、JRAオフト後楽園がビルの上階に移転したことに伴い、ここ東京ドームシティ南西玄関口が新装された。新しくオープンしたのは「Hi!EVERYVALLEY(ハイ!エブリバレー)」という名前の飲食店エリアだ。ビルの谷間の通路部分にコーヒーやクレープなど手軽な食べ物や飲み物をテークアウトできる売店やレストラン6店が並ぶ。「タイ料理研究所」はこの「Hi!EVERYVALLEY(ハイ!エブリバレー)」の一角にオープンした。

カラフルな色彩の店内に入ってみよう。タイの三輪タクシー「トゥクトゥク」や本物のタイの屋台、タイ国内で買い付けした雑貨や絵画がディスプレーされ、タイ語のラジオが流れる店内は、本場タイ本国の屋台を思わせるなんとも楽しい雰囲気だ。セルフサービス方式ながら、味はタイの味を再現した本格派。なぜならキッチン内は全員がタイ人、本物の味を知り尽くしたタイ人シェフが腕をふるうからだ。タイのホテルで経験を積んだシェフも在籍し、ガパオやパッタイ、トムヤムクン、タイ式カレーなど、定番メニューもそろっている。

元外務省職員がタイ人たちに魅せられて、タイ料理店をオープン 定番のスープ「トムヤムクン(980円、税込み)」は人気メニューの1つ

「タイ料理研究所」を経営するのは都内にタイ料理店15舗を展開するSUU・SUU・CHAIYOO(スー・スー・チャイヨー)。代表取締役の川口洋氏はなんと元外務省職員だ。アラビア語の専門家として、在シリア日本国大使館、在オマーン大使館など中東諸国で勤務したのちに、タイ料理店を始めた異色のキャリアを持つ。きっかけは中東勤務中にタイ人たちと出会ったことだった。タイの人は明るく優しく、ポジティブな人が多いという。中東の張りつめた雰囲気の中でタイ特有の明るさに魅了された川口氏は、タイの魅力を発信する店を作りたいと考え、外務省を退職してタイ料理店を始めるに至った。

「タイ料理研究所」で本場仕込みのタイ料理を提供できるのには理由がある。従業員の7割はタイ人で、コックは100%タイ人だという同社では、タイからやってきたスタッフが日本国内で働き続けやすいように会社ぐるみで様々な取り組みを行っているのだ。まず日本で働くにはビザが必要なので、同社がビザの取得からサポートする。またコックとしてビザを取得するにはタイ国内で5年以上コックとして働いている必要があるため、ビザを取得できたコックは熟練コックだということになる。ただしコックのほとんどは日本語が分からないという。そのため、日本で暮らすに当たって言葉や生活面が問題となる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド