スーツ七変化 ジーンズやカーゴパンツで軽快に令和元年のスーツアレンジ(上)

2019/4/19
「ダブルのスーツでも肩が柔らく、合わせが薄いものであれば、いろんなバリエーションで着ることができます」と話す引野さん

――引野さんの装いはブラウンのスーツ。素材の柔らかさから肩の力が抜けた雰囲気があります。

「バンカーストライプ同様、ダブル仕立てですが合わせが浅いのが特徴です。素材はウールリネンシルクで夏向き。色は葉巻の色、シガーブラウンです。やはりパンツはテーパードで、くるぶし丈に上げて軽快に着こなすと、エレガントでありながら若々しさも出ます」

■スーツアレンジ、4通りにも

――上の世代には、くるぶし丈や足首を見せることには勇気がいるという人が多いのですが。

「靴にかぶるようにクッションを入れてしまうと、やぼったくなりますよね。クッションが入らない程度だと足長効果があり、スマートにみえます。裾はダブルの仕上げがおすすめ。クッションの代わりにアクセントになりますから」

「足首を見せるのはファッションのスタイルでもありますが、夏場はソックスをはくと暑いので、足元からクールダウンする、空気をいれて足元を冷やすという機能的な意味もあります」

あえてカジュアルにも合わせられる、シルバーバックルのベルトをする。ループに通さずたれさせるのがポイントになる

――ベルトやネクタイも特徴的ですね。

「スーツだからといってクラシックなベルトをする必要はありません。こちらはシルバーバックルのクロコダイルのベルトで、あえてループに通さず、たらしています。若い人の間では最近はやりの締め方ですよね。ウエストにポイントを作るだけで見え方が違ってきます。ネクタイは麻です」

――ボタンダウンのシャツの襟のボタンを留めていないのはどうしてですか。

「ブルネロクチネリ流のはずし方なのです。ボタンダウンはネクタイを締めるときははずし、締めないときはボタンを留める。タイをするときはVゾーンで少しリラックス感を出し、しないときは襟にロールを作ってドレス感を出すのです」

「スーツは単品で楽しめますよ、ともっと提案したいですね。ネクタイを締めたスタイルから、デニムやコットンパンツで、4通りくらい遊べますよ」

(聞き手はMen's Fashion編集長 松本和佳)

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash