スイーツビュッフェも登場 イベント化進むイースター

キリストの復活を祝う「イースター」。日本でも取り入れるところが増えてきているという
キリストの復活を祝う「イースター」。日本でも取り入れるところが増えてきているという

イエス・キリストの復活を祝う記念日、「イースター(復活祭)」。クリスマスやバレンタインデーと違い、イースターは毎年同じ日というわけではない。春分の日の後の満月から数えて最初の日曜日と定められ、2019年は4月21日となる(宗派によっては異なる場合もある)。

このシーズンに合わせて、商品開発のモチーフとして活用したり、イベントを開催したりする企業は日本でも増えている。同時に日本ならではの展開も広がっているようだ。

増える春ギフト需要

毎年日付が変わるイースターだが、日本では基本的に年度の変わり目に重なる。「卒業、旅立ち、出会いなど人生の節目に、喜びや感謝の思いを込めてイースターチョコレートを春ギフトとしてお贈りする方が年々増えてきました」というのは、スイスのチョコレートブランド、リンツの日本法人リンツ&シュプルングリージャパンでマーケティング&PRを担当する細井恵さん。

1845年創業のリンツは、イースターの時期になると、ウサギの形をしたミルクチョコレート「リンツ ゴールドバニー」を販売している。19年はデコレーションを施した、イースターエッグ型のカップ入りケーキ「リンツ ゴールドバニー イースターケーキ」を都内5店舗限定で販売中だ。

「リンツ ゴールドバニー イースターケーキ」。918円。4月21日までの数量限定販売

イースターといえば卵やウサギといったモチーフを思い浮かべる人も多いだろう。卵は生命の始まり、ウサギは子だくさんなので豊穣(ほうじょう)を意味するといわれている。

「春になると天気がよくなって、家族で集まって食事をするのですが、そのときに、庭に親が卵やウサギの形をしたチョコレートを隠すんです。たくさん見つけた子がたくさん食べられるので競争になる」と教えてくれたのはラ・メゾン・デュ・ショコラのシェフ・パティシエ・ショコラティエの二コラ・クロワゾーさん。

最近はフランスでもクリスマスに定番のブッシュ・ド・ノエル以外のケーキが増えるなどの変化が見られるそうだが、クロワゾーさんによると「イースターに関してはモチーフを模したチョコレートが主役というスタイルに変化はない」らしい。そんなラ・メゾン・デュ・ショコラが19年に販売するのが、カカオの産地である3つの大陸をモチーフにした仮面型のチョコレート「マスク ドゥ パック」だ。「イースターで避けて通れないのが卵。卵の形の仮面にしてイースターだということがわかるようにしています」(クロワゾーさん)

ラ・メゾン・デュ・ショコラ イースターコレクション「マスク ドゥ パック」 各5400円
MONO TRENDY連載記事一覧