How to

足元・襟元・手元 3つの気配りでスーツ姿格上げ

MEN’S EX

2019/4/12

【 手元への気配り 】

切り替え上手なブリーフクラッチで装いの自由度を上げる

ビジネスにおいても、シーンによって装いを自在に操れる男。落ち着きを演出するならブリーフ持ち。軽快に見せるならクラッチ風に。この切り替えの早さこそが、ビジネスチャンスをモノにする鍵だ。

■BARNEYS NEW YORK/バーニーズ ニューヨーク

握って挟んで、持ち手のアレンジで表情も様々

上質なシュリンクレザーのブリーフクラッチバッグは、使うほどに味わいが増す逸品だ。持つ位置を変えることで、ブリーフケースからクラッチバッグへと早変わり。縦27×横36×マチ4.5cm。 3万8000円(バーニーズ ニューヨーク)

スーツ〈スタイリスト私物〉

【 手元への気配り 】

ドレスで楽しむテイストミックスは信頼ブランドのパイロット・ウォッチ

スーツスタイルのハズしにあえてミリタリー時計を。重厚かつ武骨な表情が、シャープなスーツに程よい寛ぎを生む。その価値が広く認められた一流ブランドのモノなら間違いない。

■IWC/アイ・ダブリュー・シー

ハズしとはいえビジネスでの信頼性と安心感も忘れない

パイロット・ウォッチの名作といえばマークシリーズ。特に「マークX8」は、3針と日付表示のみのシンプルなデザインが人気のモデル。42時間のパワーリザーブで、6気圧防水機能も備わる。径40mmの小ぶりなケースは、ビジネスシーンによく馴染むサイズだ。 51万円(IWC)

スーツ〈スタイリスト私物〉

※表示価格は税抜きです。

撮影/谷田政史(Cann)〈人物〉、若林武志、久保田彩子 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE) 文/吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、間中美希子、安岡将文 構成・文/伊澤一臣、小曽根広光

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年4月号の記事を再構成]

Latest