MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

激安アウトドア衣料 ワークマンプラスをプロと点検

日経トレンディ

2019/4/14

スポーツウエアの開発やアウトドアイベントを手がけるエム・ティー・エス デザイニングの高島真理氏(上右、スポーツ担当)、田中崇氏(上左、アウトドア担当)とチェックした
日経トレンディ

作業服販売大手のワークマンが手がける新業態「ワークマンプラス」。ファッション性を高めたカジュアルウエアで新素材の発掘から製造販売まで自社で一貫し、徹底したコスト管理で低価格・高機能を両立するとうたう。2019年の春夏モデルから、アウトドアウエア中心の「フィールドコア」や、スポーツに特化した「ファインドアウト」などのPBを大幅拡充し、多様なシーンで取り入れやすくなった。そこで今回は、スポーツウエアやアウトドア用品のプロデュースを手がけるエム・ティー・エス デザイニングの2人のプロとコスパを徹底チェック。買いの逸品を探し出した。

アウトドア用品の専門家である田中崇氏がまず注目したのが、新商品の「DIAMAGIC DIRECT クライミングパンツ」だ。従来、クライミングパンツは登山やボルダリング向けの商品だが、最近では街着として取り入れる人も増え、多様なブランドが参入。「アウトドアブランドの場合、8000~1万5000円程度が主流」(田中氏)というなか、同社の新モデルは何と2900円(税込み)と破格だ。

「DIAMAGIC DIRECT クライミングパンツ」2900円(税込み)。130%の伸縮率を誇る軽量クライミングパンツ。腰部やポケットにはメッシュ素材を使う。「ストレッチ生地やメッシュ素材を使いながらこの価格は驚き」とプロも脱帽の逸品

安いだけではなく、機能も充実。伸縮性130%とうたう通りストレッチ性は抜群で、ファスナーの開閉でショート丈にもなるギミックまで備える。ショート丈にならないタイプなら1900円からとさらに激安だ。

縦横どちら方向にもストレッチ性抜群。足の動きを妨げず快適な履き心地
ショートパンツになる2way仕様。はっ水機能も備える

一方、スポーツウエアでも驚きの逸品があった。スポーツウエア担当の高島真理氏が目を見張ったのが、「冷感リフレクティブ」シリーズだ。

「冷感リフレクティブ フランク半袖Tシャツ」580円(税込み)高機能素材を使ったスポーツ向けTシャツ。「耐久性の判断はできないが、作りも丁寧」(高島氏)。ソフトな手触りも特徴だ

半袖Tシャツは1枚580円(税込み)ながら、スポーツウエアで主流の「吸汗+速乾+冷感+UVカット」の4機能を盛り込む。「スペックが同じとは限らないが、これらの機能を持つ素材を使うと生地代だけで1000円程度かかる場合もある」(高島氏)という。大手スポーツブランドの商品には、通気性を高めるベンチレーションや防臭といった付加機能が充実するものも多いが、価格は2000円から、高いものでは5000円にもなる。付加機能が不要なら、試してみる価値はある。

夜間のランニングなどを想定し、前面と背面に反射素材を配置している

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
ワークマン快進撃 ユニクロ超えの1000店舗体制へ
日経クロストレンド
綾瀬はるかの「奇妙な踊り」が話題 江崎グリコの想
日経クロストレンド
キリン淡麗とサントリー金麦 緻密なリブランド戦略
日経クロストレンド
森永「大人向けラムネ」大ヒットの理由とは?
ALL CHANNEL