WOMAN SMART

ライフスタイル

朝5分・夜10分・週末30分家事 キレイが続く時間割

日経ウーマン

2019/4/3

【朝5分】忙しい朝は3つだけ

慌ただしい朝はあれこれ欲張らず、「5分でできること」に絞って作業するのがポイント。気分良く帰宅できるように、最低限の家事だけにしておこう。


(1)乾燥機の衣類を出す

前日夜に洗濯乾燥機にかけておいた衣類を出し、いったん、かごの中へ。「邪魔にならないよう棚の上へ置いておきます」

(2)朝食の食器を洗う

(3)ルンバのスイッチON

平日の床掃除はルンバにお任せ。「家を出るタイミングでスイッチをON。ルンバが動きやすいよう床置きのものは減らしています」

【帰宅後すぐ】郵便物を処理

放っておくとすぐにたまるDMやチラシなどの紙ゴミ。持ち帰ったらテーブルに置きっ放しにせず、すぐに処理する習慣をつけて。


(1)キッチンカウンター下の文具ですぐ開封

すぐ使えるよう、カウンター下に作業用のハサミとペンを配置。「100均のマグネットパネルと磁石で張りつけています」

(2)シュレッダーが必要なものは専用ボックスに一時置き

個人情報が書いてある紙は、リビングに置いた専用ボックスに一時置き。「週末にまとめてシュレッダーにかけてから捨てます」

【夜10分】最低限の「ついで」家事でOK

疲れのたまっている平日夜は、入浴時やテレビを見る間に“ついで”にできる作業だけ。続けるコツは、普段の生活にルーティンとして組み込むこと!


(1)洗濯物を畳むのはテレビを見ながら

乾いた洗濯物は、かごごとリビングへ持っていって畳む。「面倒な作業も、テレビを見ながらやれば、いつの間にか終わります」

(2)お風呂上がりに壁の水切り

お風呂上がりにスクイージーで壁の水を切っておくだけで、カビやぬめりの防止に。「使った後は、お風呂場につるして乾かします」

(3)寝る前に洗濯物を入れてスイッチON

衣類を洗濯乾燥機に入れ、夜のうちに乾燥まで済ませる。「水切りラックのタオルも交換して洗濯機へ」

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
本業1250万円、副業4000万円 motoさん秘技
日経DUAL
子の不登校タイプは、親の「子育て傾向」で変わる
日経ARIA
岩崎恭子 14歳で金メダル、今も失われた2年間の記憶
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
ALL CHANNEL