2019/3/31

■エストネーション 貫禄とモダンさ

セレクトショップ、エストネーションのメンズバイヤー、中森博一さんも「貫禄」と「余裕」をキーワードに選んでくれたのが2点。まずは「ルカ グラッシア」のブラウンスーツ=写真3。

【写真3】ルカ グラッシアのスーツ。価格は31万3200円

モヘア混の素材を用い貫禄を演出。ポケット位置も高いので、ウエスト位置も高く見え、ラペル幅などにもこだわり、モダンなシルエットが特徴的な一着になっている。パンツも深めのワンタック入りのテーパード。足長効果も期待でき、「貫禄も出つつ、モダンで男らしいスーツ」と中森さんは力説する。

もう1点はブランド「スティレ ラティーノ」のアイテム=写真4。

【写真4】スティレ ラティーノのスーツ。価格は32万4000円。

ブランド名はイタリア語でラテンスタイルを意味し、英国風とはひと味違い、全体的に丸みを帯び、自然なフィッティングになっている。「ブルーは若いときだと背伸び感が出てしまう色味だが、余裕がでてきた40代にはおすすめ」と中森さん。

■シップス 上質さや細部のこだわり

セレクトショップ、シップスのバイヤー、今村恭平さんがあげてくれたのは「ヴァルディターロ ペル シップス」=写真5。

【写真5】上着の裏地に印されたコラボの証し

イタリアのファクトリーにシップスがオリジナルパターンでオーダーしたエクスクルーシブブランドで、モダンな見た目の一着に仕上がっている=写真6。

【写真6】ヴァルディターロ ペル シップスのスーツ。価格は13万9320円

「やわらかい肩回りや着心地が特長で、素材から仕立て(フル毛芯)、細部のこだわりと着る人を引き立てるぜいたくで高品質、かつコストパフォーマンスと三拍子そろったスーツ」と今村さんは太鼓判を押す。

※価格は税込み

SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE