U22

20歳の頃

就職するなら業界1位 勝ち癖ある組織で学ぶ メルカリ取締役社長兼最高執行責任者(COO) 小泉文明氏

2019/3/25

大規模サークルの運営経験が経営にいきた

大学生のときにはファッション好きも合わさって、裏原宿系の服などをネット掲示板を通じて売買していました。高く売るために、自分のブランディングとして、本当にファッションが好きな人だと思われるように情報量も多くしたり、返信も早くしたり工夫しました。

こうした経験が面白かったので、就職活動のときには「事業をやりたい」と言っていました。事業って何だろう?と考えたときに、お金を稼ぐことはどんな事業でも必要なことだと思ったので、お金の勉強をしようと思って投資銀行を受けました。

面接で、ある外資系金融の偉い人に「君は新聞の1面を飾る仕事がしたいか?」と聞かれたとき、僕が「したいです」と答えたら、その人は「それなら君はうちに来ない方がいい」と言われたことがありました。

なぜかというと、投資銀行というのはM&A(合併・買収)にしても、新規株式公開(IPO)にしても、その裏側に入り、あくまでお客様の成功をサポートするのが仕事。「君は事業をやりたいと言っているから来ない方がいい」という言葉が強く記憶に残っていて、結局その後、大和証券に入社しましたが、たぶん長続きしないだろうなとは心の中で思っていましたね。

■20歳に戻れるなら
業界1位の会社で成功体験をモチベーションに

就活は今ならネット業界に入るのも面白いでしょうが、業界で特にここがいいっていうのはないですね。でもとにかく業界1位の会社がいいと思います。若い頃に勝ち癖のある組織にいた方がいい。勝ちパターンを若いうちに経験しないと、どうやったらビジネスを獲得できるのか、なかなかわからないです。

1位の会社は、やはり勝つために最後まで粘ったりして、前向きに仕事が進んでいく。一方で負け癖のある会社は、案件が少ないから若い人にチャンスが回ってこないとか、本人はやる気があっても先輩がそういうマインドで教えてくれなかったりします。

失敗とかつらいことも良い経験になりますが、若い頃は基本的に成功体験がモチベーションになっていくと思うんですよね。成功体験を積んで勘違いしてほしい。

僕は完全に勘違いしていました(笑)。そうすると、リスクのとり方が変わってくるんですよ。失敗ばかりしていたり、2位の会社で案件に勝てなかったりすると、新しい提案を出してもどうせ無理かなと思って提案しなくなってしまう。だから若いうちから自分の能力をぐいぐい引っ張ってもらうのが大事だと思うんです。

勝ち癖のある組織にはだいたいエース社員がいますから、その人から仕事を教えてもらうのが一番いい。学生から社会人になってすぐに結果は出ませんから、最初の仕事の基本は先輩から技を盗むことです。

U22 新着記事

ALL CHANNEL