MONO TRENDY

乗物でGO

風景に溶け込む特急 西武「ラビュー」に乗ってみた 南田裕介の変わる「鉄」を見にいく

2019/3/15

大きな窓のある明るい白い壁の室内。ソファーを思わせる黄色い配色の座席シートが並ぶ

■「リビングのような」車内と「ゆりかごシート」

平山 車内は、「みんながくつろげるリビングのような特急」「リビングが移動しているような特急」だそうですが……。ちょ、ちょっと待ってください、南田さ~ん。エントランスからゆっくり見学しましょうよ~。

南田 (1号車の運転席を前にして)わぁ、広々していて、黒くてかっこいい! このゆったり感は、上京して最初に住んだ北品川のワンルームマンションより広い(笑)。飛行機のコックピットのような運転席も、かっこいいなぁ。

車両内に入るやいなや運転席を目指す、南田さん。運転席と客席を仕切るドアのガラスは、明かりが運転席に入り込む際など、乗務員さん自身がワンタッチで暗くすることもできる

平山 運転席と客室とを仕切るドアも、全面がガラスだから閉塞感がないですね。

南田 運転席も眺望もよく見えるスペシャルシートは、1号車の「1-C」「1-D」(あるいは、8号車の12-A、12-B)ですね。座ってみていいでしょうか? 

西武鉄道車両部車両課の桑原真理子さん(以下、桑原) どうぞ、どうぞ。

南田 一番の展望席は、1-Cだ。前方の眺望も完璧で運転士さんの運転も見える。1-Cに座れば、運転席も見えるし眺望もいいように設計なさっているんですよね?

南田さんが座席シートの座り心地よりまず気になるのは、「着席時の眺望」

桑原 はい。デザインを担った建築家の妹島和世さんが、お客様も前面から眺望を楽しめるように工夫しました。前面ガラスも車体の窓も、安全強度を保ちながら大きくできるギリギリのところまで調整しました。

南田 (座席シートを倒してみて)エッ、何これ、すごいよ、このリクライニング。包み込まれているこの感触は初めて味わう。

平山 黄色い配色や生地感は、ソファみたいです。(座席シートを倒して)身体全部が包まれたままで、ひじかけから一体で倒れる。ゆりかごみたい。

車両部車両課の桑原真理子さん(写真右)。「いままでに見たことのない車両」を製作するミッションのため、車両の知識がないまま、新型特急車両開発のタイミングで車両部へ異動してきたという

桑原 座席シートの設計はかなりこだわっています。お客様の背丈サイズに合わせて調節できる手動式可動枕と、ひじ掛けにはテーブルを設置しています。パブリックスペースでありながら、それぞれが自分の時間を過ごせるスペースを目指しました。

南田 「公の空間でありながら、マイスペースとして過ごせる空間」。新幹線のビジネスシートもそうですけど、仕事で利用する時は特にありがたい。各座席にコンセントがあり、「FREE Wi-Fi」も導入されていますね。僕としても、定期的な仕事で所沢に行くので本当にうれしい。池袋―所沢間ならば、通常料金の340円に400円プラスすればいいだけというサービス精神もすごい。21分で到着です。

平山 家族旅行をイメージしちゃいます。座席シートを回転して向き合わせるとほら。大きな窓にこのカーテンに……リビングにいるような感覚。シートが低いのも落ち着くし、天井を高く感じます。

大きな窓から景色が存分に楽しめる。「リビングが移動していくような車両」のコピー通り、リラックスして過ごせる

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL