MONO TRENDY

乗物でGO

クルマ離れ20代が購入 シボレーカマロ人気の理由

2019/3/18

アメリカ車の代表的な存在ともいえるシボレーカマロ。今、購入者の3割を20代以下の若者がしめるという

「若者のクルマ離れ」という言葉が当たり前のように使われる中、10~20代の購入者が3割をしめる輸入車がある。シボレーカマロだ。決して安価なモデルではないのに、なぜ若者に支持されるのか。そこにはある大ヒット映画シリーズの影響があるという。自動車評論家の渡辺敏史氏が解説する。

◇  ◇  ◇

カマロは米ゼネラル・モーターズ(GM)において中核となるシボレーブランドの販売する2ドアクーペです。生産工場はミシガン州のランシング・グランドリバーと、デトロイトの本社とは至近。そして同工場ではキャデラックなどの後輪駆動モデルも生産しているとあらば、「アメ車の中のアメ車」と称しても過言ではないでしょう。

シボレーカマロ。2018年にマイナーチェンジを行った(写真は6.2リッターのOHV・V8エンジンを搭載したSS)

僕の手元には18年に日本で販売されたカマロの購入者年齢分布というデータがあるわけですが、うち、世代別トップの28%を占めているのがなんと20代! 10代(!!)と合わせるとポッキリ30%。ざっくりですが、日本で正規販売されているカマロの約3台に1台は10~20代が買っているということになるんです。ちなみにカマロは税込み529万2000円から。この現象の主因はお財布関係ではなさそうです。

購入者の7割が、今まで GM のクルマを購入したことがない新規客。この新規顧客の年齢別割合を見ると、20代が一番多く3割近い

■告知はSNS、イベントは渋谷キャストで

「いやぁ、我々も統計が出てきた時はちょっと驚いたんですけど、販売店からのフィードバックで、若いお客様に興味をもっていただいているという感触はちょっぴりあったんですよ」

そう話すのはGMジャパンでマーケティングを担当する安部麻甲さんです。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL