U22

ストーリー

世界1位 大坂なおみ、花開いた異次元の闘争本能 テニス進化論(1)

2019/3/4

振り返ってみて、あれが時代の変わり目だったと思う場面がスポーツの世界にはある。女子テニス界のそれは大坂なおみ(21、日清食品)の2018年全米オープン優勝だろう。

決勝の相手はセリーナ・ウィリアムズ(37、米国)。四大大会23勝、21世紀の女子テニス界に君臨してきた女王である。大坂は20歳にして初めての四大大会決勝。だが、舞台に萎縮することも、幼い頃から憧れてきたセリーナをリスペクトしすぎることもなかった。「コートに立ったら私は別人。一つの試合にすぎない。ファンだからといって彼女と同じようになりたいと思わないし、私は私自身でありたい」。その言葉通りにセリーナを力でねじふせると、続く19年全豪オープンも制して世界ランキング1位に。セリーナ以来の四大大会連覇は女子テニスの新時代到来を予感させるに十分だった。

■全米で目覚めた「殺人本能」

とりわけ全米オープンでは、大坂のパワフルなストローク、最速200キロ近いサーブが全開。対戦相手はなすすべがない試合が多かった。正直、妙味の少ない試合に、多くのメディアが大坂の「キラー・インスティンクト(killer instinct)」を見た。直訳すると「殺人本能」。物騒な言葉に思えるが、スポーツの世界では、相手をたたきのめさないと気が済まない闘争本能といったところか。

killer instinctは誰もが持てるものではない。華麗で冷酷なロジャー・フェデラー(スイス)、機械のようなノバク・ジョコビッチ(セルビア)、もちろんセリーナ……。隙を見逃さず相手を追い詰めていく彼らは間違いなく、killer instinctの持ち主だろう。半面、男子の元世界1位のアンディー・マリー(英国)、大坂の前の女子世界1位、シモナ・ハレプ(ルーマニア)らにはどこか勝負どころでも優しさが見えてしまうことがある。

全米オープンに続く全豪制覇で大坂なおみは女子テニスの頂点に立った=AP

18年ウィンブルドン選手権の練習中、これが話題になった。「サーシャはkiller instinct、ある?」。かつて下部ツアーでプレーしていた前コーチのサーシャ・バインに大坂が尋ねる。「『ノー』と言ったら、なおみは『どういうこと?』って言うんだ。『僕は競うことが好きでスポーツをしたのであって、誰もがそれを持って生まれてくるわけじゃない』って言ったら、なおみはけげんそうな顔していたっけ」と、セリーナの練習相手を8年務めたバインは笑う。

激しい闘争心を最初から見せていたわけでない。そもそも技量が足りなかった。本格的にツアーを回り始めた16年ごろ、大坂は負けてもさほど落ちこんだ顔を見せなかった。まだ経験不足という自覚があり、「学べることが多いのでよかった」と平然と語り、海外メディアを驚かせた。少しずつ勝ち方を学び、この年の全米で最終セット5―1のリードから逆転負けした悔しさを乗り越え、東レ・パンパシフィック・オープン(PPO)では準優勝を手にした。

■「明るいサーシャ」と成長した1年

だが、1年もたてば研究されてしまう。大坂の力強いストロークはいなされ、相手は持久戦に持ち込むようになった。パワーのある選手にありがちだが、大坂も早く決めようと打ち急ぐあまり、先にミスを犯すようになった。「出た試合はすべて勝ちたい」という自他ともに認める完璧主義者は、少しうまくいかないと過度に落ちこみ、さらにミスを重ねる悪循環に。killer instinctが悪い方向に作用した状態だ。明らかに行き詰まっていた17年末、大坂がバインと契約した理由は明確だった。「ネガティブになりがちな私には明るいサーシャが必要だから」。マネジメント会社IMGを中心に「チームなおみ」が結成され、フィジカルとフィットネスの専属トレーナーもついた。

18年の全米オープン決勝を前に、サーシャ・バイン・コーチ(左)と話す大坂なおみ。わずか1年で関係を解消した=共同

「セリーナだって全てをハードヒットしない」と、バインは説いた。80%の力でも十分パワフルだし、テニスはどこに打つかがより大事だ。ショットに余裕があれば精度が高まり、ミスも減る。大坂くらいのパワーなら、そこそこのコースでもエースショットになる。体を絞って、動けるようになり、さらにスタミナに自信を持てるようになったのも大きい。フィジカルができたことで、集中力を保って我慢ができるようになった。その心技体が初めて一大会を通じてかみ合ったのが、18年3月のBNPパリバ・オープン。ツアー初優勝が四大大会に次ぐ格の大会というのも大物感を感じさせた。

(続きを読む)

[日経電子版2019年3月3日付]

U22 新着記事

ALL CHANNEL