MONO TRENDY

乗物でGO

新年度の通勤に おすすめの電動アシスト自転車6選

2019/3/12

今回は、この春から通勤に使うのにぴったりな電動アシスト自転車、そして「e-BIKE」と呼ばれるスポーツモデルを合わせて6台紹介しよう。

■より快適に長距離走行が可能になった

約10年前にアシスト力の「新基準」が導入され、パワフルになった電動アシスト自転車。その後、さらにバッテリーやドライブユニットの高性能化、アシスト制御のプログラムがより改良されたことで、スムーズに長い距離を走れるようになった。最新のモデルはバッテリーの充電時間も短縮されており、忙しい毎日の通勤にぴったりの乗り物といえる。

近年は、より走行性能の高い「e-BIKE」と呼ばれるスポーツタイプの電動アシスト自転車も増えている。ただし、こちらはスタンドや泥よけといった実用アクセサリーが標準装備されていないモデルも多いので、使用するシチュエーションをよく考えて選びたいところだ。

電動アシスト自転車のメリットは、ただ坂道が楽に上れるというだけではない。平たん路でも常に一定の負荷とペースで走ることができるため、長距離走行をしても疲れにくいというメリットがある。電動アシスト自転車は、都市部だけでなく、通勤距離の長い郊外や地方でも、有効な移動手段として機能する。

■スムーズな5段変速で快適に走行できる

ヤマハ「PAS CITY-S5」

近年e-BIKEのほうに力を入れているようにみえるヤマハだが、シティーサイクルタイプの「PAS(パス)」もしっかり進化を遂げている。「PAS CITY-S5」は、男性の通勤・通学を主眼に置いて開発されたモデル。

シティーサイクルのなかでは径の大きい27インチの車輪を採用することで巡航性能を高めているほか、メンテナンスの頻度が低くてすむ内装式の5段変速を搭載。変速段数に応じて適切なアシストを行う制御システム「S.P.E.C.5」によってスムーズな走りを実現する。標準装備されるスチール製のバスケットは、幅440×奥行き290×深さ238mmと大きく、横型のビジネスバッグがしっかり収まるのもうれしい。

製品名:ヤマハ PAS CITY-S5 
価格:11万9880円(税込み) 
ドライブトレイン:シマノ ネクサス 1×5速(内装式) 
タイヤサイズ:27×1 1/2 
車両重量:25.5kg 
満充電でのアシスト走行距離:強モード 約41km/標準モード 約49km/オートエコモードプラス 約69km 
問い合わせ:ヤマハ発動機
https://www.yamaha-motor.co.jp/

■「走りながら自動充電」で長距離通学をサポート

ブリヂストン「アルベルトe」

ブリヂストンサイクルを代表する商品のひとつが、チェーンのかわりにベルトドライブを採用した「アルベルト」だ。さびる心配がなく油汚れなどもつかないベルトドライブは街乗りにぴったりで、通学モデルとして高い人気を誇る。

そして通学距離が長い学生を視野に入れ発売されたのが、電動アシストバージョンのアルベルトeだ。最新モデルは後輪が人力、前輪はモーターで駆動する「デュアルドライブ」を搭載。いわゆる回生ブレーキシステムを採用しており、惰性で走っているときや左ブレーキレバー(ブレーキは前後連動式)を握ったときには、前輪モーターが発電機となってバッテリーが充電される。

製品名:ブリヂストン アルベルトe 
価格:13万9800円(27インチモデル、税別) 
ドライブトレイン:シマノ ネクサス 1×5速(内装式)
タイヤサイズ:26×1-3/8(S型)、27×1-3/8(L型、S型) 
車両重量:26.7kg(27インチモデル) 
満充電でのアシスト走行距離:パワーモード 約41km/オートモード 約57km/エコモード:約77km(27インチモデル) 
問い合わせ:ブリヂストンサイクル 
https://www.bscycle.co.jp/ 

■汎用性とリーズナブルな価格が魅力のe-BIKE

パナソニック「XU1」

電動アシスト自転車の中でもスポーツ性能を高めたものは「e-BIKE」と呼ばれ、マウンテンバイク(MTB)やロードバイクなどさまざまなタイプが発売され始めている。パナソニックの「XU1」も、そんなe-BIKEのひとつ。

バッテリーはフレームと一体となるようデザインされたセミインテグレーテッドタイプ。700×50Cとクロスバイクにしてはかなり太いタイヤを採用したことで、段差に強くクッション性も高い。標準装備されている油圧ディスクブレーキはコントロールしやすく雨天でもしっかりと利くので、毎日乗る通勤用途にはぴったり。e-BIKEのライバル車に比べ、価格がリーズナブルなのも特徴だ。

製品名:パナソニック XU1 
価格:22万5000円(税別) 
ドライブトレイン:シマノ アリビオ 1×9速 
タイヤサイズ:700×50C 
車両重量:24.5kg 
満充電でのアシスト走行距離:HIGHモード 約44km/AUTOモード 約57km/ECOモード 約82km 
問い合わせ:パナソニックサイクルテック 
http://cycle.panasonic.jp/ 

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL