「笑えと無理強いされた?」 使役のforceは強すぎるデイビッド・セイン「間違えやすい英語」(58)force

言葉の使い方を間違えて相手に誤解されてしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんが、日本人が間違えやすい英語の使い方を解説します。今回は、「~させる」と言うときに気をつけたい表現について見てみましょう。

◇  ◇  ◇

勉強するときはいつも完全を目指す。しかし会話をするときは通じることを目指す。これが英会話には必要なポイントです。相手を前にして英語を話すときは、完璧な英語でなくても構いません。間違いがあってもいいのです。フレンドリーに笑顔で話せば、不完全さは補われます。間違いを恐れず英語を話しましょう。そして勉強するときは完全を目指しましょう。

いつものオフィスでの雑談。ヒロシは昨日の面白い出来事について話すつもりでした。「友人がジョークを言って、ぼくを笑わせてくれてね」と、軽い前振りで伝えようとしただけなのに、なぜか同僚のナンシーは怪訝な顔をしています。彼女には、なんだかちょっと怖い話のように思えたようです。はたして、すれ違いはどこで起きたのでしょうか?

それはこんな会話でした。

Hiroshi: Yesterday, my friend forced me to laugh at his jokes.
Nancy: Why did he do that?
Hiroshi: What do you mean?
Nancy: Why did he force you to laugh?
Hiroshi: Because he was really funny!
Nancy: ...Oh?

実は、ヒロシはこう言っていたことになるのです。

ヒロシ:きのう、友人がぼくにジョークを笑えと無理強いしたんだ。
ナンシー:なんでそんなことしたの?
ヒロシ:と言うと?
ナンシー:なんであなたに笑うように無理強いしたの?
ヒロシ:だって、あいつは本当に面白いんだもの!
ナンシー:…えっ?

日本語には、「~させる」という使役の表現に関して、「~させてくれる」という肯定的な意味を表す言い方があります。ところが、英語にはこれにぴったり対応する単語がありません。逆に、ヒロシのようにforceという単語を使うと、ネガティブに聞こえてしまうのです。動詞のforceは、〈force A to do〉の形で「Aに~させる」を示す使い方ができるものの、この場合は「~させる」といっても「強いて~させる」という強制が伴います。ですからナンシーは、ヒロシの友人が面白くないジョークを笑うように命じたと理解してしまいました。

forceは名詞として「力」の意味がありますので、動詞としては「力をもって無理に何かをする」ことを表します。force a smileなら「無理に笑顔を作る」ことで、a forced laughなら、無理に作った笑い、つまり「作り笑い」です。もしforceの語を使って「~してくれる」という良い意味での使役を表現したければ、たとえば次のように使います。

・When Carson left for his long military assignment, he knew his mother was forcing herself to smile for his sake. カーソンは長い軍務に出発するとき、母が無理してほほ笑んでいることを知っていた。

では、どう言えばよかったのでしょうか?

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
この際おさえておきたいforceの使い方
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら