腕利きスタイリストが太鼓判 春の「ビジカジ」コーデ節度保ち、社会人らしく

MEN’S EX

MEN'S EX

カジュアル化が進んでいるとはいえ、あくまで仕事だから社会人らしい節度を保ちたい。ドレス、カジュアルいずれにも高い見識をもつ腕利きスタイリスト、四方章敬さんが太鼓判を押す春のビジカジがこちら。




四方章敬さん スタイリスト
最新のファッショントレンドやリアルなドレスコードなどスーツスタイルの豊富な知識を生かして、MEN'S EXをはじめ、メンズファッション誌やWEB媒体、広告などで幅広く活躍する。新たなビジネススタイルのスタンダードを作り出すキーパーソンのひとりだ。

[ Style 01:コットンスーツを“きちんと”着る ]

色味はダークトーンで堅実さを保持

“堅すぎない品のよさ”を

演出できる本命スーツ

「ビジネススタイルのカジュアル化が目覚ましい昨今ですが、適度な堅実さもキープしたい人は少なくないでしょう。そこでうってつけなのがコットンスーツです。普通に着ても素材がコットンのため、かっちりしすぎず、印象が軽やかかつ今っぽくなります。ただ、素材がカジュアルなので、スタイルやシルエット、Vゾーンなどはクラシックにまとめるのがいい塩梅。鞄はきちんと感と軽快感を兼ね備えるナイロン系のブリーフが◎ですね」

オリーブのダブルブレストを水色のシャツとレジメンタイでクラシックにまとめる。 スーツ10万1500円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) シャツ1万1000円/クロスクローゼット(スタイレム) タイ1万5700円/ステファノ ビジ(シップス 銀座店) 靴7万9000円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)

[ Style 02:ブレザーを“爽やかに”着る ]

青系のシャツ&タイで清涼感と清潔感を

紺ブレはさらりと着て

真面目すぎないスマートさに

「トレンドアイテムにして、ビジカジの定番ジャケットでもあるブレザー。これからの季節なら、ジャケットのネイビーに合わせた青系のシャツやタイがオススメです。スマートな印象だけど生真面目にはなりすぎず、かつさらりとシンプルに着ることで清潔感もよりいっそう加わります。靴もUチップくらいのカジュアルさが気分。ブリーフでは少し堅いので、上品なだけでなく少しの色気があるレザートートなどが洒落て見えそうですね」

ブレザーといえばアメトラの定番だが、春らしいビズカジには清涼感が欲しい。ゆえに、すっきりキレイな着こなしをおすすめしたい。 ジャケット4万円、シャツ1万円、スラックス2万円〈以上オーダー価格〉、タイ6500円/以上麻布テーラー(麻布テーラー プレスルーム) 靴8万円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019