規制の壁は感謝で越える 和製ドライブシェアCREW

ドライブシェアサービス「CREW」を運営するAzitのCCO、須藤信一朗氏(右)と小沢氏
ドライブシェアサービス「CREW」を運営するAzitのCCO、須藤信一朗氏(右)と小沢氏

Uber(ウーバー)やLyft(リフト)など、自家用車を持つ住民が運転手となり乗客とマッチングする配車サービスは、世界で広く浸透している。しかし日本には制度の壁もあり、普及には至っていないのが現状だ。そんななか、一歩踏み出した若い会社がある。「謝礼型」のドライブシェアサービス「CREW(クルー)」を展開するAzit(アジット、東京・港)だ。いったいどんなサービスなのか。どうやって誕生したのか。CCO(Chief Culture Officer:最高文化責任者)の須藤信一朗氏に小沢コージ氏が話を聞いた。

学生時代のビジコン仲間だった

CREWは2015年にスタートした配車サービス。スマートフォン(スマホ)アプリを利用して、自家用車に乗客を乗せたい人と乗りたい客をマッチングする。乗客はガソリン代や高速代などの実費、プラットフォーム手数料、そして任意の謝礼を支払う。支払いはクルマから降りた後にスマホアプリで行う。

小沢コージ氏(以下、小沢) 僕は18年、初めてCREWを知りましたが、「この手があったか?」と思ったんです。今はどれくらい普及してますか。

須藤信一朗氏(以下、須藤) 運営開始が15年10月ですので4年目を迎えましたが、運営エリアは徐々に広がってます。利用者数は非公開ですが、順調に増えていて、今だと山手線の南半分のエリアで、20~27時(深夜3時)までの時間帯に利用できます。

小沢 僕は3年前に米国で初めてUberを使い、これは革命的だと思ったのですが、日本導入は難しいということもすぐに分かりました。そもそも日本は二種免許を持ったプロドライバーの旅客業務が前提なので、一般ドライバーの営業は難しいですから。

とはいえ、今やタクシードライバーは軒並み60代以上になっていて、下の世代ではなり手がなかなかいないですし、郊外ではどんどんバス会社やタクシー会社が潰れている状態。このままだと日本の公共交通機関は間違いなく立ち行かなくなる。そんな状況に、CREWが謝礼モデルという新しいサービスで挑んだから驚いたんです。しかも須藤さんのように若い方が、有償運送業界の壁を突破してくれたのがうれしくて。開発に着手したのはいつごろですか。

須藤 15年春ごろから話をしていて、共同創業者の吉兼周優、十亀眞怜の2人は大学を卒業してすぐに、僕は一度中部電力に就職したのちにAzitに戻り、3人でつくり始めました。

小沢 CREWは学生時代から考えていたサービスなんですか?

須藤 Azitは大学在学中の13年に創業しましたが、当時は別のサービスを作っていました。吉兼、十亀は慶応義塾大学、僕は東京理科大学に在籍していて、12年ごろからスマホ用のアプリを作る仲間になったのですが、3人とも価値観が合うので楽しくて。

小沢 ある意味学生ビジネス的な。

須藤 当時はビジネスコンテスト(ビジコン)全盛期で、グリーやサイバーエージェントなど、さまざまな企業がビジコンを開催していて、僕らも数々のビジコンに応募し、いろんな賞をいただいていました。

3人とも理系学生ということもあり、プロダクトを作るのは得意でビジコンに勝てるようにはなっていったのですが、開発したサービスをビジネスとして成り立たせるのが難しい。例えば競合アプリやマーケットを全然理解できておらず、勉強し、サービスを作っては失敗する──ということを繰り返してました。

小沢 ではアプリを作ってすぐに成功したわけではなかったのですね。

須藤 徐々に醸成していった感じです。

小沢 いずれにしても、皆さんはクルマ業界に属していたのではなく、IT業界の若きスタートアップ企業だということですよね。どこでCREWの発想が生まれたんですか?

シェアリングは日本人に合っている

須藤 日本でいろんなサービスをつくっていくなかで、世界を見るとUberなどのシェアリングエコノミー系のサービスが加速度的に普及していくのに、日本ではまったくその風が吹かない。一方、自動運転やカーシェアリングなど、モビリティーの変化は必至で、その市場がとてもおもしろいと思いましたし、自分たちに合うサービスだなと感じました。僕らの世代はまさにシェアリングがあたりまえなので。

小沢 シェアハウスとかAirbnbとか。

MONO TRENDY連載記事一覧