powered by 大人のレストランガイド

週末レシピ レンジで30分のオニオングラタンスープ

たっぷりのチーズに覆われ、熱々トロトロのオニオングラタンスープ やけどに注意=PIXTA
<作り方>
(1)ガーリックバターを塗ったフランスパンをトーストする
(2)<あめ色タマネギ>(4)の鍋に、スープストックを加え沸騰させる
(3)容器に(2)を注ぎ、(1)をのせる。表面をたっぷりのチーズで覆う
(4)トースターなどで、チーズに焼き色が付くまで熱してできあがり

そもそも、なぜあめ色になるまでタマネギをいためなくてはならないのか。それは、うま味と甘みを最大限に引き出すためだ。ただし、あめ色に色づけることと、焦げて色づくのはまったくの別モノ。

左上:鍋に移し、10分いためた状態 右上:砂糖を加え、5分いためた色付き 下:仕上がり

そこで、砂糖、ウスターソース、赤ワインにも助けを借りる。キャラメル状になった砂糖、うま味が凝縮しているウスターソース、煮詰めた赤ワインによりコクがプラスされる。これで、焦がさずに、あめ色タマネギを素早く仕上げられるのだ。

あめ色タマネギは、冷凍保存が可能。カレーやシチュー、ハンバーグやチャーハン、はたまた卵料理などにも活用でき、料理の深みをアップさせる優れものだ。

せっかくあめ色タマネギを作ったのだから、スープだけではもったいない。オニオングラタンスープとの相性もよく、おかずにもつまみにもなる、「ジャーマンポテト」を作ろう。

うま味たっぷりのあめ色タマネギとほくほくのジャガイモの相性は抜群=PIXTA
<材料(2人分)>
あめ色タマネギ1個分 / ジャガイモ3個 / ベーコン 1カップ / ソーセージ 適宜 / ニンニク 適量 / サラダ油 適量 / 塩・コショウ 適量 / キャラウェイシード 適宜
<作り方>
(1)フライパンにサラダ油と潰したニンニクを入れ、一口大に切ったジャガイモをいためる
(2)残りの材料を加え、さらにいためてできあがり

冷めてもおいしいので、夕飯の残りをそのまま弁当のおかずにしてもよい。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド