温泉や武家屋敷・グルメ… 歩きたい小さな城下町10選

NIKKEIプラス1

天守があってもなくても、城下町は魅力的だ。
武家屋敷や商家が歴史を伝え、グルメも楽しめる。
1日で歩いて回れる城下町を、旅好きの専門家が選んだ。

藩政支えた個性 時代に合わせ進化

江戸時代には約300の藩があり、城下町があった。財政を支える特産品の開発や商業の発展に各藩が力を入れ、それが町の繁栄と個性につながった。廃藩置県を経て城郭が取り壊された城下町も多いが、町の個性は消えていない。

例えば松江に茶の湯を根付かせた松平不昧公が没して200年になるが、その文化は今も生き続け、人を引きつける。城下町にスイーツの名店が多いのも、和菓子作りの伝統が根底にある。

明治維新後には進取の精神を発揮した。弘前市や近江八幡市には明治以降の洋館が数多く残り、高梁市には岡山県最古の教会堂が現存する。時代の変化に合わせ、新たな文化を積極的に導入した痕跡が、城下町に新たな魅力を加えている。

今回のランキングは点数の差が小さかった。犬山城下(愛知県)、村上城下(新潟県)、萩城下(山口県)、大野城下(福井県)なども高い評価を得た。ランキング上位以外にも魅力的な城下町はまだまだある。自分だけの城下町を探しに出かけてみてはどうだろう。

1位 松山城下
(松山市) 400ポイント
電車・温泉・銘菓、ぎゅっと

「乗り込んでみるとマッチ箱のような汽車だ」。夏目漱石の「坊っちゃん」が驚いた路面電車が復活し、今も街をガタゴト走る。車窓をのぞくと街を見守る城が山の上に。温泉あり、銘菓あり、商店街のにぎわいもあり。「松山には城下町の魅力がコンパクトに詰まっている」(木下斉さん)

道後温泉本館は工事中だが、入浴は可能。路面電車の「坊っちゃん列車」は道後を出発し、明治の車掌の衣装を再現したガイドの案内で堀端を走る。

松山の郷土菓子といえば、あんをカステラ地で巻いたタルト。「藩主が長崎から製法を持ち帰った」(河野武さん)と江戸時代からの歴史がある。「かんきつのスイーツや海の幸が楽しめる店が軒を連ねる。銀天街や大街道などにぎわいのある商店街が飽きさせない」(千葉千枝子さん)。坂の上の雲ミュージアムや子規記念博物館など見どころも多い。

(1)JR松山駅(2)089・935・7511(松山観光コンベンション協会)

2位 八幡山城下
(滋賀県近江八幡市) 380ポイント
琵琶湖への水路 堀巡り楽し

琵琶湖に面して水路を開き、礎を築いたのは豊臣秀吉の甥(おい)の秀次。「その八幡堀を再生し観光地に仕上げた。橋に立つとタイムスリップしたかのよう」(黒田涼さん)。春は両岸の桜が花を散らし、その下を手こぎの屋形船でくぐる堀巡りが楽しい。

新町通りは近江商人の本拠地。一般開放している商家では「三方よし」の精神を学べる。近くには明治から昭和に活躍した建築家、ヴォーリズの作品が残り、「江戸の商家と洋館が違和感なく並ぶ」(津田令子さん)。織豊の時代から近代化へと、歴史の流れを感じられるのが他の城下町にない魅力だ。「近江牛を手軽に食べられる店や、洋館にカフェがあるのもうれしい」(中元千恵子さん)。

(1)JR近江八幡駅(2)0748・33・6061(近江八幡観光物産協会)

3位 松江城下
(松江市) 360ポイント
老松並木の武家屋敷 一筋に

2015年に天守が国宝指定された松江城。その北側の堀に沿って続く「塩見縄手」が城下町の様相を今に伝える。縄手とはひとすじに延びる道のこと。黒板塀と白壁の武家屋敷、老松の並木が連なる。

城を囲む堀川を、船頭の手さばきでひと巡りする遊覧船が楽しい。「着物をレンタルして塩見縄手を歩き、船から武家屋敷や天守を見上げれば、城下町風情にじっくり浸れる」(富本一幸さん)

7代藩主の松平不昧(ふまい)公が根付かせた茶の湯文化が残り、和菓子店が多い。観光協会は抹茶と和菓子が楽しめるガイドツアーを開催。「松江歴史館では和菓子作りが体験できる」(黒田さん)。宍道湖畔から眺める夕日が旅の疲れを和ませる。

(1)JR松江駅(2)0852・27・5843(松江観光協会)

4位 弘前城下
(青森県弘前市) 350ポイント
江戸から現代 名建築ずらり

桜の名所で全国に知られる弘前だが、江戸時代の寺院から現代建築の巨匠・前川国男の作品までバラエティーに富んだ建物が残り「さながら建築博物館都市」(黒田さん)。教会なら日本基督教団弘前教会やカトリック弘前教会、洋風建築なら旧藤田家別邸や青森銀行記念館などが代表例だ。地元の「弘前路地裏探偵団」が見どころをガイドする「まちあるきツアー」が人気だ。

リンゴのスイーツも見逃せない。「シードルや、店によって味が異なるアップルパイなど、おしゃれなレストラン、カフェが豊富」(千葉さん)。

(1)JR弘前駅(2)0172・35・3131(弘前観光コンベンション協会)

4位 松本城下
(長野県松本市) 350ポイント
曲がった通りは堅城の名残

信州・松本の魅力は、国宝の城にとどまらない。「なまこ壁の土蔵が立ち並ぶ中町通りは、ショッピングや食事を楽しめる観光ストリート。道が曲がっていて少し歩きにくい場所があるが、侵入する敵を意識した城下町ならではの構造」(いなもとかおりさん)だ。

「縄手通りは江戸期の城下町の風景を再現している。懐かしい玩具や古民具、駄菓子店が並び、そばやおやき、山賊焼きも食べられる」(津田さん)。「歩いて楽しい店があり、写真スポットも多い」(木下さん)。地元出身の草間弥生さんの作品が集まる市美術館も見どころ。

(1)JR松本駅(2)0263・34・3295(松本観光コンベンション協会)

五感を豊かにする旅紀行を読む