「ありがとうございました」で叱られた 今昔ことば考立川談笑

11代目桂文治さんが先代から譲り受けた形見の品
11代目桂文治さんが先代から譲り受けた形見の品

「言葉遣い」のお話をします。言葉を扱う落語家ですから、何かと気にはしているのですが、なかなかデリケートな部分もあります。

もうお亡くなりになりました先代桂文治師匠のエピソードから。

いまの11代目文治師匠の、お師匠様ですね。常に和服姿です。ごく小柄で、頭は短く刈りそろえた白髪頭。頑固な江戸っ子の職人、植木屋か大工の親方というイメージがぴったりのお師匠さんでした。ねじり鉢巻きに腹掛け半纏(はんてん)ももひき姿で、キセルでもくわえてそうな。で、この文治師匠が楽屋でよく前座を叱ってました。

私は談志の弟子で立川流ですから、寄席には通ってないんです。さほど接点はなくて、ホール落語で何度かご一緒した程度の間柄です。なのに印象に強く残っているくらいですから、どこでも年がら年じゅう叱っておられたのでしょうね。

文治師匠が楽屋に入ると、前座がお茶を出します。「ごくろうさまです。先日どこそこの会ではお世話になりました。ありがとうございました」と立ち去ろうとします。そこで前座を呼び止めて「ちょっとぉ、おう。前座。いまおまえさん、なんて言った?」となると、いつもの叱言(こごと)のはじまりです。「そこへ座んな。いいかい、あんちゃん。『先日の落語会ではお世話になりました』ってそこまではいいよ。お世話になったのは先日なんだから。そのあとの『ありがとうございました』の『ました』ってのはどういうことだい? ありがたいなあとそのとき感じて、いまはありがたいと思ってないの? そうじゃないだろ。だったら『ありがとうございました』じゃなくて、『ありがとうございます』って言い方が本当なんだ」

「秋葉原」は「あきばはら」

文治師匠の小言は終わりません。

「本当だよ? 近ごろはさ、みんな『ありがとうございました』『ありがとうございました』。NHKのアナウンサーまで『ありがとうございました』。ありゃおかしいんだよ。『ありがとうございます』なのにな。目の前の家に住んでる人のことを『お向かいさん』だって。あれは正しくは『おむこうさん』。『むこう三軒両隣』って言ったんだ。『むかいさんげんりょうどなり』なんて誰も言わないだろ。向かいのウチじゃなくてむこうのウチだから『おむこうさん』」

「それからほら、練馬の方に行くと電車の駅にあるねえ。『こたけむかいはら(小竹向原)』だって。本当なら『むこうはら』なんだよ、『こたけむこうはら』。本来はね。駅の名前でいったら『あきはばら』なんて今はいうけど。あれも本当は秋葉(あきば)神社だとか、秋葉の原っぱだから『あきばはら』が本来。誰かが間違っちゃったんだな。『たかだのばば(高田馬場)』じゃないんだ。『たかたのばば』。にごらない……」

なぁんて小言はこの後も延々と続きます。当の前座さんは、ほかにいくらも仕事があるのにじーっと座ってその話が終わるまで身動きがつかないんです。で、周りの前座連中はっていうと、この様子を見ながら笑いをこらえてる。つまり、「こいつは新人で何も知らないから、文治師匠の地雷を踏ませてやったら楽しかろう」ってそういう魂胆ですよ。また、何かきっかけを作って例の小言が聞きたいなあなんて、そんな動機もあったんじゃないかと思います。

考えてみると、言葉は少しずつでも変わっていくものです。言葉は生き物ですから。それでも先代文治師匠なみに「今どきの言葉づかいは、なっとらん!」とお腹立ちの皆さんもまだまだいらっしゃるかもしれません。私の場合は、かなり柔軟になりました。

エンタメ!連載記事一覧