チョコ原料はスーパーフード カカオニブ、調味料にも

贈り物にぴったり カカオニブのおやつ

鎌倉を拠点にチョコレートを製造している「ca ca o(カカオ)」では、カカオニブのおやつを販売中。かわいいパッケージに入ったカカオニブはギフトにぴったりです。

ca ca o365「ローストカカオニブ」左からプレーン(1080円税込み)、トロピカル、ベリー、ナッツ、チョコレート(各1296円税込み)

香ばしくローストされたカカオニブをベースに、ドライフルーツやナッツを混ぜ込んだ「トロピカル」「ベリー」「ナッツ」、カカオニブをチョコレートでコーティングした「チョコレート」の5種。おやつやおつまみにそのままポリポリと食べられるスーパーフードとして女性を中心に人気です。

「ブランドを立ち上げた4年ほど前よりカカオニブを取り扱っていますが、ここ1年でだいぶ知名度も上がってきました。お客様は美意識の高い層の女性の方が多く、リピートは半数近くあります」(同ブランドを運営するジャーニーカンパニーのブランド責任者 石原なつみさん)

甘みがあって一番食べやすいのはチョコレートコーティングしたものだそう。そのまま食べる以外にも食べ方のアイデアはいろいろ。「ハンドメイドのスムージーに混ぜてもおいしいですよ。とくにバナナとの相性がいいです。料理にもおすすめで、オリーブオイルとカカオニブと、弊社のカカオビネガーを混ぜてドレッシングにしたり、チーズと一緒に春巻きの皮で巻いて揚げてもおいしいです」とのこと。

手軽に栄養がとれるカカオニブ。普段の食事にも加えてみてはいかがでしょうか。

(取材・文 GreenCreate)

注目記事