伊丹空港の新土産 ワインやビールなど希少な限定品も

日経トレンディ

大規模改修を進めている伊丹空港のターミナルビルにはここでしか買えない希少性の高い限定品も数多くある
大規模改修を進めている伊丹空港のターミナルビルにはここでしか買えない希少性の高い限定品も数多くある
日経トレンディ

約50年ぶりとなる大規模改修を進めている伊丹空港のターミナルビル。全面刷新に先駆けて18年4月には中央エリアがリニューアルオープンし、関西の有名店などが多数出店している。ここでしか買えない希少性の高い限定品も数多くある。羽田新千歳福岡に続いて、伊丹空港で新発売の空港限定品を中心に、喜ばれる手土産を集めた。

●空港の夕焼けを「再現」、麦芽風味豊かな限定ビール

「大阪エアポートビール」(海キッチン KINOSAKI) 2本入り1404円(税込み)

97年から地ビールの製造を手がける兵庫・城崎温泉の老舗旅館・山本屋が、空港リニューアルに合わせて新たに醸造した麦芽100%のクラフトビール。アルコール度数は4.5%で、夕焼けをイメージした独特の色合いが美しい。

●「大阪地下街カレー」を復刻、独特のコクとうまみがクセになる

「ダイヤモンドカリーレトルト」(ダイヤモンドカリー) 1人前430円(税込み)

64年に大阪・梅田の地下街で誕生した欧風カレーのレシピを受け継ぐダイヤモンドカリー。店頭ではレトルトも販売しており、手土産として人気だ。和牛に加え、フルーツやスパイスを多用したコクと甘みが特徴。

●世界初の空港内ワイナリーで醸造、和食にも合う超限定ワイン

「大阪エアポートワイナリー甲州 濾過(白・辛口)」(大阪エアポートワイナリー) 1本3024円(税込み)

空港内のワイナリーで醸造。吟醸酒のような豊かな香りと落ち着いた酸味が特徴だ。18年12月に発売されたばかりで、限定378本と希少性が高い。今後も新作が随時登場する計画。

●銘酒の酒かすを使用、大人向けの和風チーズケーキ

「酒粕ベイクドチーズケーキ」(ル・パン神戸北野) 1個810円(税込み)

兵庫県灘五郷の銘酒「福寿 純米吟醸」の酒かすに、姫路産の卵とフランス産クリームチーズを合わせたベイクドチーズケーキ。18年4月に伊丹空港限定で発売された逸品だ。酒かすの芳醇な風味が堪能でき、スイーツが苦手な人への手土産にもいい。木の升を使用したパッケージも斬新。

●もちふわ食感の新感覚どら焼き

「うわのそら(青空プレーン、茜空珈琲味)」(叶 匠壽庵) 5個入り1080円(税込み)

18年4月に発売された伊丹空港限定のどら焼き。もちもちふわふわとした新食感に驚く。茜空珈琲味は、関西の老舗ロースターHAMAYAとコラボした逸品。コーヒーが鮮烈に香る。

(文:根本佳子、写真:古立康三、水野浩志)

[日経トレンディ2019年3月号の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧