U22

ホンネの就活ツッコミ論

内定学生のESが就活生を惑わす理由 ホンネの就活ツッコミ論(93)

石渡嶺司 大学ジャーナリスト

2019/2/1

前回に引き続いてエントリーシート(ES)関連です。今回のテーマは「内定学生のエントリーシート」。なお、エントリーシート関連については、学生のエントリーシートを添削していくと、色々な相談を受けます。エントリーシートについては、昨年掲載の48回・50回・51回をお読みください。タイトル付けが必要な場合は69回も参考になります。前回は同じ「惑わす」でも「文章の構成方法」でした。

さて。エントリーシートの添削をしていると、よく学生からこんなことを言われます。「キャリアセンターの指導と違う」「内定学生の文例とずいぶん違いますね」などなど。似たところでは、「××という就活塾に入った。月会費1万円も出してエントリーシートを添削して大手企業に提出したところ、全滅した」というのもありました。

そんなさあ、1万円も出すなら、日経を購読して私、石渡嶺司の本を買ってもお釣り出るでしょ、というのはおいておくとして。なぜ、こうした違いが出てしまうのでしょうか。その背景を解説します。

理由1:内定学生の事例が実は結構古い

88回で企業選びの軸、という発想が実は古いことをご紹介しました。これと同じで内定学生の事例が実は結構古い、ということはよくあります。就活塾やキャリアセンターの指導が全て悪い、とは言いません。が、一部のキャリアセンターと就活塾の多くは残念ながら、古い事例にこだわりすぎています。

特にここ数年、大手企業も含めて、学生の実績・成果よりも経過を丁寧に見ていこうとする動きが強まっています。そのため、地味であっても経過を丁寧に書いていく学生ほどエントリーシートの通過率は上昇。さらに内定も得やすくなります。

ところが、古い事例だとどうでしょうか。「ナントカ大会で優勝した」「カントカアルバイトの販売コンテストで上位に入った」などなど、実績・成果をやたらと重視しています。こうした実績・成果が悪いわけではありません。ただし、それだけで終始したところで、学生の素の姿がわかるか、と言えば相当難しいところ。

だからこそ、学生の経過、仮にそれが地味な話、よくあるアルバイト(またはサークル、またはゼミなど)であっても、企業からすれば気になるのです。それを知らずに指導されている就活塾もあります。そうしたところに、月1万円でもそれ以上でもそれ以下でも払う価値があるでしょうか。私は強い疑問を覚えます。

理由2:内定学生の事例が実はES重視ではなかった

これもよくある話。いや、正確にはよくあっては困りますがよくある話です。企業が選考に際して必ずエントリーシートを重視する、というわけではありません。

エントリーシートの選考はほぼ全員が通過。そのうえで面接においてじっくり話を聞く、という企業もあります。あるいはエントリーシートのうち、志望動機と自己PRはほぼどの学生も同じ内容なので読まない、という企業もあります。その点、ガクチカ(「学生時代に力を入れたこと」の略)なら学生の素の姿が出やすいので、この項目だけ読む、という寸法。エントリーシートの内容は良くなかったとしても、面接など他の点で評価を受けて内定を貰う学生は結構います。

ところが。学生はまさかエントリーシートの内容が悪く、他で評価が高かったから内定を得た、とは夢にも思いません。しかも、大学によっては内定学生を就活生へのサポーター役・相談員役として起用します。そうした学生はエントリーシートを「これで内定を取った」と公開。就活生もまさか、そのエントリーシートのレベルが低いとは考えるわけがありません。そこで内定学生のエントリーシート事例を真似して、その結果、選考不通過が続く、という悲劇を生んでしまうこともあるのです。

理由3:企業が設問だけでなく選考基準を大幅に変えた

あまり多くはありませんが、内定学生のエントリーシートが実際の選考基準から外れてしまう理由としては考えられます。

2011年から就職率(文部科学省の学校基本調査で正確には「卒業生に占める就職者の割合」)は上昇。2013年ごろから学生が有利の売り手市場に転じて現在に至っています。長引く売り手市場から採用担当者は苦労する、という意味で採用氷河期、という言葉も使われるようになりました。

この採用氷河期にあって、企業側は色々と苦労しています。これは説明会に工夫を凝らす、あるいは就職支援型のセミナーを開催する、というだけではありません。選考においても同様でエントリーシートも設問を大幅に変える、あるいは選考基準そのものを変えることもあります。その場合、内定学生のエントリーシート事例が役立たなくなってしまうのです。

以上、内定学生のエントリーシート事例が就活生の役に立たない理由を3点挙げました。もちろん、内定学生のエントリーシート事例が就活生の参考になる、ということもあります。ただ、それは就活における答えではありません。このコラムであれ、大学キャリアセンターであれ、採用担当者であれ、就活カウンセラーであれ、就活塾であれ、答えを出せるものではないのです。

では答えはどこにあるのでしょうか。答えは就活生一人ひとりの中にあります。色々と話を聞いていって、そのうえで、ご自身の答えを出せばいいのではないでしょうか。内定学生のエントリーシート事例も、話の一つに過ぎない。私はそう考えます。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年札幌市生まれ。東洋大学社会学部卒。2003年から大学ジャーナリストとして活動開始。当初は大学・教育関連の書籍・記事だけだったが、出入りしていた週刊誌編集部から「就活もやれ」と言われて、それが10年以上続くのだから人生わからない。著書に『キレイゴトぬきの就活論』(新潮新書)、『女子学生はなぜ就活で騙されるのか』(朝日新書)など多数。

U22 新着記事

ALL CHANNEL