リシャール・ミル、震災復興支援で熊本県から感謝状

2019/2/5
熊本県のPRキャラクター「くまモン」とリシャールミルジャパンの川崎社長、熊本県の蒲島知事(左から)
熊本県のPRキャラクター「くまモン」とリシャールミルジャパンの川崎社長、熊本県の蒲島知事(左から)

熊本県の蒲島郁夫知事は5日、東京・銀座にあるスイスの高級時計ブランド「リシャール・ミル」の店舗を訪れ、2016年4月に発生した熊本地震の復興支援に対する感謝状を日本法人、リシャールミルジャパン(東京・千代田)の川崎圭太社長に手渡した。

リシャールミルジャパンは被災した熊本城の復旧支援として、これまで5回にわたり計約4000万円を寄付している。

贈呈式で蒲島知事は継続的な支援に謝意を表するとともに「熊本城は熊本県民のシンボルであり宝。なるべく早く修復したい」と述べた。川崎社長も「これからも顧客とともに支援を続けていきたい」と応じた。

関連記事:リシャール・ミルのチャリティー特別モデルに4188万円

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019