WOMAN SMART

キャリア

勉強や資格どう生かす 朝30分でできる視点の磨き方

2019/2/7

学びを成果に変えようとしたときに陥る壁…解決策は(イラストはイメージ=PIXTA)

働き方改革のコンサルティングを行っている池田千恵さんのところには、時間や場所にとらわれない自由な働き方についての相談や資格の生かし方についての質問がよく来るそうです。「人生100年時代」に備え、悩みを持つ女性に向けて、池田さんがその具体的な方法論を解説します。

■せっかくのインプットがアウトプットにつながらないのはなぜ?

最近、次のような悩みの相談に乗る機会が増えてきました。

◆今のところ副業をするつもりも、起業するつもりもないけれど、今のままではいけない気がしている
◆今すぐではないけれど、例えば3年後くらいに時間や場所にとらわれない自由な働き方ができたらいいなと考えている。でも、具体的に自分に何ができるのか分からない
◆まずは行動しないと! と思い、潰しがききそう、箔が付きそうな資格(キャリアカウンセラーやファイナンシャルプランナーなど)を勉強し始めたり、資格を取ったりしたけれど、それをどう仕事や人生に生かせばいいかを考えると思考が止まってしまう

「人生100年時代」に備え、時間や場所にとらわれず、価値の交換で仕事ができるようになる「じぶん商品化」の重要性や具体的方法について、頭では分かっているつもりでも、いざ行動に移そうとすると、上記のような状態で迷っている人が多いように思います。

このような悩みを抱えている人の話を詳しく聞いていくと、次の行動パターンが見えてきます。

1. 今後の勉強のために時間をつくろう! と思っているけど、仕事が忙しくてなかなか時間がつくれない。やっと時間がつくれてもつい、疲れてしまってダラダラと無為な時間を過ごしてしまう
2. それでも頑張って、いざ資格や専門知識を得ても、自分がそんなことを始めてもいいのだろうか? 他の人にどう思われるだろうか? そもそも専門家を名乗るほどの知識もないし……という不安から発信や行動をためらう

■忙しい人ほどさらに忙しくなる「働き方改革」のワナ

このような状態になってしまうのも、ある意味仕方がないことではあります。

「働き方改革」が叫ばれる昨今、企業は労働時間削減に動きだしていますが、実態としては、「○時までに帰るように」「でも仕事内容の生産性向上は各自工夫するように」といったスローガンだけの会社も、残念ながらまだ多いのが現実です。「仕事は忙しい人に頼め」とはよく言ったもので、真面目に一生懸命頑張っている人ほど忙しくなります。転職しよう! とか副業しよう! と固い決意を持っている人でない限り、目の前の仕事の忙しさに追われてしまい、気付いたら夜になり、ぐったりして眠って、起きたら出社して……という日々なのではないかと思います。

それでもなんとか時間をやりくりして、自分のスキルアップのために資格の勉強をしようという姿勢は素晴らしいと思います。勉強のし過ぎは「じぶん商品化」にとってはむしろ弊害になるのですが、とはいえ勉強している間は、自分が前に進んでいる感じがするので安心するのも確かです。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
本業1250万円、副業4000万円 motoさん秘技
日経DUAL
子の不登校タイプは、親の「子育て傾向」で変わる
日経ARIA
岩崎恭子 14歳で金メダル、今も失われた2年間の記憶
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
ALL CHANNEL