出世ナビ

著者に聞く 仕事の風景

「目を見て話せ」は大間違い? 仕事が進む実践スキル 『チームを動かすファシリテーションのドリル』 山口博氏

2019/1/30

ファシリテーションは、部下への指示出しや人事考課の面談といった様々な場面で頼りになる。スムーズな「合意形成」を目指すためのスキルだからだ。たとえば、人事の面談では、評価される側の納得を得やすくなりそう。社員の業務目標設定でも「目標は100、成果は60」では、上司にも部下にもストレス。一方、ファシリテーションで「最初の目標は低めにし、途中で見直して高める」と合意しておけばどうか。山口氏は、こんなやり方の方が「部下の達成感を引き出しやすい」と話す。

■チームまとめる リーダーに欠かせないスキルに

ファシリテーションが有益なのは、社内向けにとどまらない。近年は自社に足りないノウハウを補う意味から、社外の企業や個人と横断的に連携する機会が増えてきた。ビッグデータや人工知能(AI)の活用に向け、専門の技術者とチームを組むことも多くなっている。この結果「バックグラウンドが異なるメンバーが混在するチームをきちんと機能させる。それが、これからのリーダーに求められる資質」(山口氏)となりつつある。

メンバーの同質性が薄れるほどスムーズな合意形成は難しくなる半面、重要度は増す。「自分の側の願望を押しつけるだけでは、相手は乗ってこない。まずは先方のファクターをしっかり聞き出し、合意できるポイントを見定めていく必要がある」(山口氏)

M&A(合併・買収)が珍しくなくなった現在、早期に統合効果を出すのにもファシリテーションは有効だという。成り立ちの異なる企業出身の働き手がチームを組むと、対立の構図に陥りやすいからだ。「ファシリテーションのノウハウを生かし、すみやかに合意形成するのが望ましい。共通のゴールを設定するには、旧来の組織を超えていく、対話に基づいたチームづくりが求められる」(山口氏)

ファシリテーションを「会議進行術」に終わらせない活用法は、今後もますます注目を集めそう。「スキルなのだから、磨けば上達し、サボれば鈍る」という、山口氏の言葉はファシリテーションの本質も示しているように聞こえた。

山口博
モチベーションファクター代表取締役。第一生命保険、マニュライフ生命保険、SAPジャパンなどで人材開発や人事に携わった後、現職。横浜国立大学大学院非常勤講師。著書に『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(金融財政事情研究会)『99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100』(講談社)など。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


問題解決に役立つ戦略思考・ロジカルシンキング講座/日経ビジネススクール

日経ビジネススクールは、グローバルにビジネスを推進し、
社会に変革と活力をもたらす人材を育成します。

>> 一覧はこちら

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL