WOMAN SMART

グルメ・トラベル

地酒に泡盛・焼酎 大人に贈る「和の酒チョコ」10選

NIKKEIプラス1

2019/1/27

6位 ca ca o
(神奈川県鎌倉市) 840ポイント
口溶けよくなめらかな食感

「小町通りの石畳 雪男」 カカオ豆の風味を引き出す生チョコレート専門店。コロンビアの自社農園で現地の人と話し合いを重ねて作った豆、フィノデアロマカカオを使用。新潟の「純米酒 雪男」とカカオ分45%のミルクチョコと合わせた。「エレガントな香りで酒の風味もしっかり。香りが華やかなので喜ばれそう」(麻生美和子さん)。水分量は20%と多めで、「口溶けがよくなめらかな食感」(リシャールさん)。

「木箱が贈り物にふさわしく、雪男の姿がチャーミング」(瀬戸さん)との声があった。(1)16個(2)2160円(3)https://www.ca-ca-o.com/webstore/

6位 桃川
(青森県おいらせ町) 840ポイント
パッケージの変化面白く

「大吟醸雫酒生ショコラ ほお・そめる」 「桃川」を醸造する青森の造り酒屋が手掛けるバレンタインの予約限定品で、注文は2月15日発送分まで受け付ける。「パッケージのスリーブから紅白の色が透け、引き出すと半円から正円に変化する演出が面白い」(平岩さん)。次第に赤くなる=ほおがそまるという表現が注目を集めた。

八戸の和菓子屋・丸美屋がチョコレートを製作。大吟醸雫酒を使ったビターと、大吟醸とにごり酒を加えたホワイトのセットで、今回はビターチョコを選考した。「甘すぎず、後からじんわり酒の香りが広がる」(糸田さん)。(1)18個(2)1620円(3)https://www.momokawa.co.jp/choco/

8位 しょこら亭
(新潟県阿賀野市) 820ポイント
ぐい飲みにとろとろ生チョコ

「麒麟(きりん)山(ざん)利き酒ショコラ(ダブル仕込)」 和素材にこだわる洋菓子店のチョコレート。新潟の「麒麟山吟醸酒」を練り込んだ生チョコを、杜氏(とうじ)が使う利き酒用のぐい飲みに流し込んだ。「箱に重厚感がありプレゼントによい。食べた後、おちょことして使えるのはうれしい」(あおいさん)

金箔を載せたミルクチョコと銀箔を載せたカカオ分72%のビターで「利きチョコ」を。今回はミルクチョコを選考。「酒とチョコの甘さがよくマッチしている。常温で戻してとろとろの状態で楽しみたい」(猫井さん)。2月14日到着の受注は1月末まで。(1)2個(2)2268円(3)http://chocolatei.jp/

9位 シルスマリア
(神奈川県平塚市) 720ポイント
日本酒の風味、後からぐっと

「国士無双生チョコレート」 生チョコレート発祥をうたう洋菓子店が手掛ける日本酒入りのチョコ。辛口でキレがある「大吟醸 国士無双」をチョコに練り込んだ。「酒とチョコのバランスがよく、なめらかな口溶け感がある」(小椋さん)。「チョコ自体にクセがなく食べやすい。後味でぐっと強くなる日本酒の風味が印象的」(平岩さん)

パッケージの木箱は国産の赤杉を使い、和を表現した。「価格がリーズナブルなのに高級感がある。プレゼントにもぴったり」(なかのさん)。(1)16個(2)1620円(3)https://www.silsmaria.jp/

10位 ファッションキャンディ
(沖縄県宜野湾市) 660ポイント
泡盛の味を食べ比べ

「MAKUKURU古酒泡盛BONBONショコラ」 「瑞泉」や「くら」「琉球王朝」など、泡盛を3年以上熟成させた古酒(クース)を使ったシリーズ。5つの酒蔵の古酒の味を食べ比べられる人気の品で「一つ一つに酒のラベルがあり、見ているだけでも楽しい」(麻生さん)

瑞泉を選考した。「泡盛の味がしっかり。チョコの中から液体が出てくるのも面白い」(小野さん)。泡盛をより味わえるよう、一粒丸ごと口に入れる。泡盛の割水には沖縄の海底から採取した海水を使い、塩分がアクセントに。沖縄県産きび糖を使用。(1)5個(2)1890円(3)http://fashioncandy.shop/

◇  ◇  ◇

ランキングの見方 数字は選者の評価を点数化。店・企業名と本店・本所在地、商品名。(1)箱入りの個数(2)税込み価格(送料別)(3)URL、写真は高井潤撮影、スタイリングは田口竜基。

調査の方法 チョコレートに詳しい編集者らに取材、取り寄せ可能で、日本酒や焼酎、泡盛を使ったチョコレート21商品を選定。商品名を伏せて試食し、酒の風味やチョコレートとしてのバランス、値ごろ感などチョコレートの評価と、別途パッケージなどの見た目の評価を依頼。合算し、集計した。

今週の専門家 ▽あおい有紀(和酒コーディネーター)▽麻生美和子(専門学校ビジョナリーアーツ専任講師、ショコラティエ)▽糸田麻里子(フードライター)▽小椋三嘉(食文化・チョコレート研究家)▽小野隆(チョコレートソムリエ)▽瀬戸理恵子(フードエディター)▽スイーツなかの(スイーツ芸人)▽友田晶子(トータル飲料コンサルタント)▽猫井登(お菓子の歴史研究家)▽平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)▽リシャール・ルデュ(ピエール・エルメ・パリ 日本代表)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2019年1月26日付を再構成]

NIKKEIプラス1「何でもランキング」は毎週日曜日に掲載します。これまでの記事は、こちらからご覧下さい。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL