MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

不慣れな男性も安心 手間なく使えるスキンケアグッズ

2019/2/1

メンズスキンケアグッズで清潔感のある男を目指そう

健康に気を使っている男性でも、意外に見落としがちなのが「スキンケア」。清潔感がある肌は、会う人にも好印象を与えるはず。しかし、何を選べばわからないという人も多いだろう。そこで、初心者でも迷わず始められるスキンケアグッズを紹介する。

■サムソナイト製のポーチ付きセット

ラボ シリーズ「ラボ シリーズ × サムソナイト スキンケア セット」(1万4500円、税別※以下同)

「ポーチに入ったスキンケアキット」というと、旅行や出張などトラベル用途と考えがちだが、必要な製品がまとまっていることもあり、何をそろえればいいかわからない初心者のスターターキットとしても使いやすい。

男性用スキンケア用品で知られる「ラボ シリーズ」から数量限定で発売されている「ラボ シリーズ × サムソナイト スキンケア セット」は、スーツケースで有名なサムソナイト製のポーチに、洗顔料、化粧水、エンジングケア乳液が収められている。

ポーチのデザインは、サムソナイトを代表するスーツケース「コスモライト」をミニチュアにしたもの(約幅11×高さ18×奥行き7cm)。「コラボレーションをすることで、普段スキンケアに興味・関心が低い方にも、ブランドを知ってもらうきっかけになってもらいたいと考えた」と狙いを話すのは、ラボ シリーズを展開するELGCの田村理恵氏。まさに初心者を意識したキットなのだ。

洗顔料は泡立ちのよいスクラブ入り洗顔フォーム「マルチアクション フェース ウオッシュ」(30ml)、化粧水は肌の持続的なうるおいをサポートする「ウオーター ローション RE」(50ml)、乳液は若々しい印象の肌へ導くエイジングケア乳液「エイジ R+」(50ml)。このセットだけで、日常のスキンケアが行える。

「2018年10月末の発売から2018年12月末までの売り上げは、17年同時期に販売したセット商品と比較して、金額ベースで約7割増えた」(田村氏)。サムソナイトとのコラボレーションということで、普段はスキンケアに興味の低い人からの支持も集めたという。今しか手に入らない別注品であり、しかも日本限定商品という点も魅力だろう。

ポーチ付きのためトラベルシーンでも活躍する

■洗顔とローションの2ステップで完結

手前/オルビス「ミスター フェイシャルクレンザー」(1300円)、奥/オルビス「ミスター スキンジェルローション」(1600円)

「男性にもスキンケアは重要」と頭でわかっていても、なじみのない人にとって、顔を洗った後に化粧水や乳液などいろいろなステップを踏むのは面倒だと感じることも多い。そんな男性の「めんどくさい」を解消しようと誕生したのが、オルビスの2製品。洗顔と洗顔後のローションだけで、毎日のスキンケアが完結する。肌の手入れに時間をかけたくないという男性に最適だ。

洗顔料の「ミスター フェイシャルクレンザー」は、炭とモロッコ溶岩クレイという2つの成分を使うことで、頑固な皮脂汚れや毛穴詰まりをとる。洗顔後に使用する「ミスター スキンジェルローション」はジェルタイプのオールインワン化粧水。「使用後にキャップを閉めるのすら面倒」という男性のために、ポンプ式を採用している。

2017年6月に中身もパッケージも、より男性が使いやすいものにリニューアルしたが、オルビスのマーケティング戦略部 PRグループ島野麗子氏によると「2017年の売り上げは、リニューアル効果で前年比146.1%。その後も毎年、2桁伸長を記録中」という。手間なくスキンケアできることから、一度購入した人は「必ずといっていいほどリピートされる」と胸をはる。

■目元にハリを与えて印象アップ

KIEHL’S SINCE 1851(キールズ)「キールズ AGD エイジケア アイクリーム」(4300円)

30代に入った男性を強く意識した男性スキンケア用品が、キールズの「エイジディフェンダーライン(AGD)」。洗顔料や美容液もあるが、中でも注目したいのが「アイクリーム」だ。笑いジワなど、加齢とともに目立ってくる目元のハリ感を演出し、印象アップを狙えるという。

「20代では気にならなかったシワが目立ってきて、老けたなと感じだす30代後半の男性をメインに支持されている」というのはキールズ コミュニケーションマネージャー有田貴美江氏。最近では、「男前に年を重ねたい」と考え、30歳になる前からアイクリームを付ける20代も多いという。

「キールズ エイジ ディフェンダー ライン」の製品。左から洗顔料(3200円)、美容液(6900円)、クリーム(5700円)、目元用クリーム

(ライター 津田昌宏、写真 野町修平=APT、スタイリング 宇田川雄一)

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
個店開拓の領域 QR決済事業者は3陣営に収れん?
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
コンビニを侵食 ドラッグストアは「小売りの王者」
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL