頼りになった先輩の背中 周囲を手本に子育てと両立セイコーホールディングス取締役 金川宏美氏

海外出張の打診があった時、断らなくてはいけないこともありましたが、ぜひまたチャンスが欲しいと伝え、その時にできる仕事を精いっぱいやりました。その後、時短勤務をしながら、初めて海外出張に出たのは子供が2歳になった頃でした。チャンスを与えてくれた上司には今でも感謝しています。

目の前の仕事に前向きに取り組んでいくことが次のキャリアにつながる。無駄な仕事はない。今でも常に私が心に思っているのはこんな経験があったからかもしれません。

かながわ・ひろみ
服部セイコー(現セイコーホールディングス)入社、ウオッチ海外販売担当。2014年セイコーウオッチ執行役員。16年セイコーホールディングス取締役。

[日経産業新聞朝刊2019年1月17日付]

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら