料理の腕が確実に上がる 1万円以下の調理道具10選

日経ウーマン

4位 土佐龍 四万十ひのき極め 一枚板まな板 7800円

包丁との相性が抜群、刃を傷めにくい

抗菌作用のあるヒノキの一枚板のまな板。「ヒノキは肌目が柔らかく包丁を傷めにくい上、復元力もありへこみにくい。キャベツの千切りが気持ち良くできます」。回転式のスタンド付きで、立てて収納が可能。木目に沿って水気が落ちるため、乾きが速く黒カビも出にくい。

5位 柳宗理 ステンレスミルクパン(16cm・蓋付き) 6000円

絶妙な形状の注ぎ口で液垂れなし

注ぎ口が左右にあり、どちらからでも注げる、プロダクトデザイナー柳宗理考案のミルクパン。注ぎ口の角度が深く、注ぐとき液垂れしない。蓋をのせるとミルクが早く沸き、ずらせば沸騰しても吹きこぼれない。蓋をしたままゆでこぼせるため、少量の野菜をさっとゆでるときも重宝。

6位 丸新銅器 純銅玉子焼き器 4200円

熱伝導が良く、ふっくら仕上がる

銅の卵焼き器は、緑青(ろくしょう)(銅の酸化で起きる錆で人体にはほぼ無害)の発生を防止するため、表面を錫(すず)で覆ったものが一般的だが、錫は熱伝導性を弱めてしまう。この卵焼き器は銅の熱伝導率の高さを生かすため、錫で皮膜しない純銅製。「器全体に均一に火が回るため、卵液にムラなく熱が伝わり、端までふっくらと仕上がります」。

7位 アーネスト 楽楽おろしてみま専科 極み 5000円

繊維を潰さず、フワフワの大根おろしに

おろし金の表面は、職人が1つ1つ“目立て”した刃が双方向に立っているため、1往復で2回すれ、手早くおろせる。底の滑り止めとハンドル付きで力も入れやすい。「鋭い刃が大根の繊維を断ち切ってくれるから、食感がフワフワで口溶けも滑らか。熱いご飯にかけ、醤油を垂らしてかき込むのが最高です」。

注目記事
次のページ
実は、生姜おろしに最適