小物や素材で新鮮さ 白シャツ映える洒落ワザ図鑑

MEN’S EX

2019/1/15

■ジャケパン×ハズシの白ネルシャツ

カジュアルな白シャツといえばオックスフォードのB.D.が筆頭株だが、ネルシャツの存在もお忘れなく。起毛感豊かな白のネルシャツは、オックスフォードよりもリラックス感が強く、しかし白ゆえの品のよさでハズしすぎない独特のバランス。休日のくつろいだジャケットスタイルの抜け感に最適なのだ。

■袖口をタイトに見せるカフのボタン調整

ちょっぴり手間を掛ける必要はあるが、挑戦しがいのある裏技がこちら。シャツの袖口を留めるボタン位置をやや内側につけ直して、フィット感をタイトめにする。……すると袖口周りに寄る生地のヒダが増え、よりクラシックかつ、ニュアンス豊かな見映えへと変わるのだ。オフィスでジャケットを脱いだ際など、この微差は大差となるだろう。そして何より、紳士の基本たる白シャツの細部にまで気を配るその姿勢が、粋ではないか。

■通年着られるリネンシャツで季節感をハズして遊ぶ

季節感の演出はお洒落の基本。ではあるのだが、欧州の洒落者たちはリネンの白シャツを、冬でも着てしまう。そしてこれが、実にこなれて見えるのだ。となれば、我々も実践しない手はないだろう。オススメはざっくりした白チルデンニットとの組み合わせ。ともに素材感があるため意外や馴染みがよく、白の清潔感も際立つのだ。

■ドレスな白シャツ×カジュアルアウターの意外性

例えば、白のドレスシャツにGジャンを合わせる。そんな意外性が印象をこなれさせることを覚えておくと、スタイルの幅は広がる。ミリタリージャケットといった男らしいアウターにも、白シャツは思いのほかハマるのだ。かつ、カジュアルなニットタイなどでタイドアップすれば、より新鮮なミックススタイルが完成。ノータイでシンプルに着るときは、前立て付きを選ぼう。

撮影/野口貴司(San Drago)〈人物〉、若林武志、久保田彩子、手塚 優(BOIL)〈静物〉 スタイリング/四方章敬 構成・文/小曽根広光、伊澤一臣 文/秦 大輔、吉田 巌(十万馬力)、間中美希子 イラスト/綿谷 寛、高橋智也、中根ゆたか、林田秀一

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年2月号の記事を再構成]

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash