N
Men's Fashion
こだわりの逸品

2019/1/5

こだわりの逸品

■アルバート サーストンのガットエンドブレイシーズ

[ レア度 ] ★★★★☆

国内では‘80年代後半からの英国調ブームの際に注目され始め、ブレイシーズの大定番とされた同ブランド。鯨筋、羊や牛の腸など動物性の繊維を用いたガットエンドのものが最も英国的とされた。現在ではガットエンド仕様のものは作られておらず、個人のテーラーなどで残っていたストックと出会えたら買いだ。

■ロンドンバッジ&ボタンのメタルボタンセット、エンブレム

[ レア度 ] ★★☆☆☆

以前はショップには必ず置いてあったが最近はめっきり見かけなくなったこれらのセット。現在同ブランドの直営店は本国のみ。「今のメタルボタンは重厚感に欠けるものが多いですが、こちらはボタン1つとっても模様の刻みが深く、つけたときの風格が違います」(カルロインターナショナル 黒部和夫さん)

■スターリングシルバーのカラーピン

[ レア度 ] ★☆☆☆☆

スーツスタイルのクラシック回帰に伴い、復権を果たしたカラーピンも見逃せない。「20年ほど前は紳士服店でも多く見ましたが、国内では今は作れる職人の数が少なく、意外にもお店で見つかりにくいのが現状です。日本製の丁寧な作りの物は今後少なくなってくると思います」(ビームスF ディレクター西口修平さん)

■パラブーツのミカエルフォック

[ レア度 ] ★★★☆☆

チロリアンシューズに毛皮のギャップが魅力で、近年では若い世代を含め愛用者が多い定番モデル「ミカエル」。特にアザラシの毛皮を使った「ミカエルフォック」は、2009年にEUによりアザラシ製品の輸入が禁止されるまで根強いファンが多かった。個人のショップなどで在庫を見つけたらマストバイだ。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram