理容室とひと味違う「バーバー」 大人の男の隠れ家に

男たちのガレージをイメージした「THE BARBA TOKYO DINE」(東京都千代田区)
男たちのガレージをイメージした「THE BARBA TOKYO DINE」(東京都千代田区)

こだわりをもったニュースタイルのバーバーやヘアサロンが、男性たちの支持を集めている。従来の理容室のイメージとは一線を画すバーバーを取材し、男性たちを引きつける魅力を探った。

趣味の話ができる社交場

東京のJR神田駅近辺に3店舗を展開する「THE BARBA TOKYO(ザ・バルバ・トウキョウ)」(東京・千代田)。オーナーのTOMさんは「バーバーは、カミソリとハサミで男性をかっこ良くする場所」と話す。目指すのは「マンケイブ(男の隠れ家)」。モーターサイクルや音楽など趣味の話ができる社交場だ。

2017年4月オープンの「THE BARBA TOKYO DINE(ザ・バルバ・トウキョウ ダイン)」(東京・千代田)は、ハワイアンダイニングを併設し、カットの前後に食事やお酒も楽しめる。店舗デザインは1950年代のアメリカンカルチャーが好きなTOMさんが手掛けた。「男たちの集まるガレージ」をイメージ。店の前には大型バイクが止められ、車やバイクの部品が店内を彩る。アンティークのジュークボックスやビリヤード台など「『~っぽい』というのは嫌いなので、本物にこだわった」(TOMさん)。

客層はビジネスマンをはじめ、会社役員やプロスポーツ選手など多彩。年代も上は80代までと幅広い。2年前から通う20代の会社員は「スーツはもちろん、どんなシーンにも合う大人の男っぽいスタイルが魅力。古くさくなく、かといって流行に流されないかっこ良さがある」と話す。

「HIRO GINZA BARBER SHOP」はかつてのアメリカ映画の趣(東京都渋谷区)

都内で20以上の理容室を展開する「HIRO銀座」(東京・中央)は2018年1月、同社初のアメリカンバーバースタイルの店舗をJR新宿駅近くに開いた。ビンテージのレジスターやサインポールをデザインした壁掛けが並ぶ空間は、古いアメリカ映画に出てくるバーバーの趣。店長の新城一滉さんは「既存店は高級感を打ち出し、客層も30~50代が中心。開店までは受け入れられるか不安もあった」というが、インターネットで「バーバースタイル」や「フェードスタイル」で検索してきた20~30代の若者が集まる。

次のページ
大人が集う洋品店がコンセプト
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram