powered by 大人のレストランガイド

そびえ立つ海鮮丼、奥深い味わいで客を魅了 都内2店

「日本橋海鮮丼 つじ半」の「ぜいたく丼(松)」
「日本橋海鮮丼 つじ半」の「ぜいたく丼(松)」

すしより手軽に、色々な刺し身が楽しめる海鮮丼。昔からオフィス街でも昼の定番メニューだが、従来の丼に刺し身を平面的に並べたものとは違った、新しいスタイルの海鮮丼を出す店が話題となっている。

キーワードは「そびえ立つ」海鮮丼だ。ただし、はやりのインスタ映えのような、盛り付けだけで注目されているものとは異なる。「天高く」伸びた見た目は味や食感もきちんと計算し尽くされた上での、完成された海鮮丼なのである。今回は新型海鮮丼で話題の都内2店を紹介する。

1店目は「日本橋海鮮丼 つじ半」だ。グルメ番組を中心に取材が絶えない繁盛店で、東京・神楽坂や赤坂などに店舗がある。その中で6年前に1号店としてオープンした日本橋店は平日は開店前から行列ができ、2時間待ちは当たり前という人気ぶりだ。

「つじ半」の行列は日本橋の名物とも言える

平日の開店15分前の午前10時45分に「つじ半」を訪れた。店に着いて言葉を失う。まだ10時台だというのに、30人ほどの行列ができていたのである。東京メトロ銀座線日本橋駅から徒歩数分、JR東京駅にも近く、飲食店が密集しているこのエリアでまさに一人勝ち状態といえる。

気長に順番を待ち、いよいよ店内へ。提供するのは昼夜ともに海鮮丼の「ぜいたく丼」1品のみ。具材10種(マグロ、中落ち、イカ、カズノコ、エビ、ツブ貝、ミル貝、イクラ、キュウリ、ネギ)を入れた「ぜいたく丼(梅)」(1080円、税込み)が最もオーソドックスで、それにカニとイクラ(増量)を足した「同(竹)」(1480円、同)、カニとウニを足した「同(松)」(1980円、同)、特別メニューでカニ、ウニ、増量イクラの「同(特上)」(3500円、同)がある。せっかくここまで並んだのだから、奮発して「松」に決定した。後で聞いたところ、ほぼ5割の客が「松以上」を頼むのだそうだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド